☆産休です☆

Halloween そろそろ37週に入り、いつ何時産気づくかわからないのでちょっとお休みします。

がんばってホラー好きの良い子を産んできますね❤

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジョゼと虎と魚たち

Photo 「ジョゼと虎と魚たち」です。

ある日、大学生の恒夫(妻夫木聡)は、坂道を暴走する乳母車に遭遇する。乗っていたのは、包丁を握りしめ、恐怖と怒りに満ちた目を見開いた少女(池脇千鶴)だった。

観るまで勝手に行定映画だと思っていました。いや、なんとなく。
そして本作、とても良かったです。

冒頭からどこかコミカルで登場人物それぞれに味があるので観ていて楽しい。
その後出会うジョゼ(池脇千鶴)と結構モテモテな恒夫(妻夫木聡)も、それぞれのキャラクターと実に合っていて役者使いが上手いなぁなど、感心する点が多いのもいいです。

内容は思っていた以上に明るく(というか、犬童だから明るく出来たんだと思う)一見したらツライ物語になるところを前向きに捉えています。そこが個人的にはとても好きでした。

しかし実家に戻る途中のケータイでの恒夫の弟の言葉

「兄ちゃん、ひるんだと?」

……ズバリ的中……でしたねぇ。グッサリきましたよ。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンズラビリンス

Photo 「パンズラビリンス」です。

1944年スペイン内乱の最中、現実の世界に嫌気を差した少女オフェリアが幻想の世界へ旅立つには3つの試練を乗り越えなければならず…。

本作、最高に良かったです。
同監督の前作でもある「ヘルボーイ」も個人的にととても好きな映画でしたので、そこそこ期待して見に行きましたが、それでも納得の行く良作となっていました。しかも私にしては珍しくラストで泣いてしまい、ダンナさんにも驚かれたほどで。

本作で良かった部分は多いのですが、そのなかでも一番心にグッときた部分は現実と幻想の世界の違いについてでしょうか。現実世界と幻想世界が、どこまでも平行線で全く違う未来が描かれている事です。この筋立てが素晴らしく骨太で、観ていてどんどんデル・トロの世界にハマッていくことを実感せざる得ない。そこに描かれていたのはまさに「リアリズムとファンタジーの競合」といった展開で、今までのダークファンタジーとは明らかに一線を画している、シビアな大人な世界を見いだすことが出来ました。

個人的にも素晴らしかったのはやはり怪物達の「濃さ」ですね。前作「ヘルボーイ」でもデル・トロのモンスターに対する飽くなき追求心を思う存分みさせられていたので、本作でもそれを拝めることが出来、一人歓喜してしまいました。特にオフェリアの「2番目の試練(ポスター掲載)」ででてきた子供を喰らう怪物の造形は素晴らしい!あの動き!あのしぐさ!う~ん最高です!!

最後に、本作、ファンタジーには珍しく、バイオレンスな描写が多いため「単なるファンタジー」だと思って見に行かないようご注意ください。

| | コメント (6) | トラックバック (11)

寒いです

Onemissedcall ←(「着信アリ」海外版)観たいなぁ。

最近観た作品一挙公開。

◆「アイス・ハーヴェスト」
ジョン・キューザック主演マフィア映画。コーエン兄弟の作品ぽというか、小さい笑いをちりばめたヒューマンドラマ。でも笑えない。

◆「エコール」
森の中の寄宿舎で生活する少女達の物語。ビターでちょいロリめ。この暗さが好きな人には堪らない作品だと思います。ただダラ~っと撮影されているので眠気に注意。

◆「僕のニューヨークライフ」
ウディ・アレン監督作。相変わらず語り口調なラブロマ作品。絵の動きより言葉重視な内容に途中で軽く苦手意識が働いてしまいました。クリスティーナ・リッチ演じる身勝手な彼女の行動にもついて行けず…×。脳で観る作品だと思います。

◆「フル・フロンタル」
スティーブン・ソダーバーグ監督作。フランス・ラブロマンス映画を目指したようなアメリカ映画。それぞれ男女の会話がずっと続く作品で、いまいち魅力的な俳優に巡り会えず、中盤でダラダラ…。てか私、ソダーバーグ苦手なんだっけ。

…ということで、どれもこれ以上感想を書きたくなるような作品に思えなかったためここで一気に紹介しちゃいました。

週末は念願の「パンズ・ラビリンス」を見に行きます。
個人的には同監督の「ヘルボーイ」も好きなのよねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビート・ジャンキー プライベートスタッシュ

Photo 「ビート・ジャンキー プライベートスタッシュ」です。

LA代表! 凄腕DJ集団ビート・ジャンキーズの全て!

ロサンゼルスを代表するDJ集団ビート・ジャンキーズ(The World Famous Beat Junkies)。DMC,ITFなど世界的DJバトル、クラブDJ、ラジオDJ、そしてヒップホップ・グループのDJなど、活動の領域が広いながらも、それぞれにおいて高い評価を得ている彼らが、自ら制作した初の映像集がDVD“Private Stash”だ。(nowonDVDonlineshop)

DMCなんかのDJバトルの映像は何度か観ていますが、そのなかでも本作が一番見やすいというか、観ていて楽しい作品だったと思います。テクニックを駆使して繋げた二つの曲が、ターンテーブルの上からまるで一つの曲のように聞こえてくるのです。そしてスクラッチの音も一つの効果音として生きてる気がしました。普通にラウンジで流したくなるくらい完成度が高く、また今まで以上に踊りやすい曲ばかりで観ていてとても心地良いDVDです。

インタビュー等はほとんどないので、サラーッと流しながら楽しめる良作だと言えるでしょう。原曲を知っていれば相当楽しめることは言うまでもありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジニカーント・チャンドラムキ アメリカ帰りのゴーストバスター

Photo 「ラジニカーント・チャンドラムキ アメリカ帰りのゴーストバスター」です。

インド版サイコホラー映画とでもいうべきか。チャンドラムキという100年以上前の悲劇の踊り子をめぐって展開される、数々の恐怖体験と驚愕の事実と、アメリカ帰りのSUPERな精神科医・ラジニカーントの命を賭けた取り組みとは!?

あらすじのような取り組みも何も破綻しまくりの内容にいちいちツッコミを入れる事はモチロン愚行です。そして、ラジニのポッチャリキーック、ヘナチョコパーンチを微笑みながら見つめれる余裕と、ラジニをいろんな角度から撮りまくってるカメラアングルを楽しめなければ本作は観れません。はい。

本作を観ながら私は何度もウトウトしてしまったので、目がさめる度に歌って踊っているだけのラジニの笑顔しか印象に無く、あらすじのような内容がどこで起こっていたのか全く解りませんでした。気が向いたら再度チャレンジしてみるつもりでいます。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤン・シュヴァンクマイエル ルナシー

Photo 「ヤン・シュヴァンクマイエルのルナシー」です。

チェコの実写アニメーション作家シュヴァンクマイエルのホラー長編作品。

牛や豚の内臓や骨を使い、グロテスクな表現方法である方面では人気(^^;)のシュヴァンクマイエル最新作です。
本作の冒頭で彼本人が「これはホラーです。芸術性は考えないで下さい」と言っています。しかし本作を映画として観るとちょっとイマイチな脚本かな~と思いました。80~90年代のホラー映画によくあるような内容だったからです。だから本作もやっぱり「芸術」として彼のグロテスクな表現を思う存分楽しむことにしました。

本作では豚や牛の内臓や舌などの部位がコロコロ転がったり水の中に落ちたりくるくる廻ったり、悪魔崇拝の精神病患者が出てきたりと、相変わらずキモチワルイ内容になっています。そんな中(どんな中?)一人の女性を好きになる主人公の若者ですが、全く報われる感じもしないままアレヨアレヨという間にバッドな展開へもつれ込みます。
この人の作品は毎回めちゃくちゃですが、絵の持つパワーは凄まじいものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイダーマン3

Photo 「スパイダーマン3」です。

今やピーター・パーカーの人生は順風満帆そのものだ。スパイダーマンとしてはNY市民にヒーローとして愛され、大学では成績トップ、ブロードウェイ・デビューを果たした恋人MJとの関係も良好で、ついにプロポーズを決意する。ところが、謎の黒い液状生命体に取り憑かれ、復讐と憎しみの感情に支配されたブラック・スパイダーマンになってしまう。そんな彼の前にこれまでになく手強い敵サンドマンとヴェノムが現れる……。(映画生活)

「スパイダーマン」は1,2とも結構好きな作品です。人間くさいヒーローのスパイダーマンが、日々の出来事に四苦八苦しながらも正義を貫くその姿が何とも古風で格好良かったのですが、本作3になるとそれがどうも薄い。

みんなが本作に期待していたのはスパーダーマンは常にひたむきに頑張ろうと努力している姿であり、そしてそれに+αして敵やライバルやMJとの恋の展開とかじゃないかなと思います。しかし本作にはその主要部分がゴッソリ抜けていました。まさに「続編によくある失敗」な気が…。

しかも完結編だからかやたらと長く、集中して最後まで見ることができませんでした。
好きなヒーローだったからちょっと悲しいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

検屍官 沈黙する死体

Photo 「検屍官 沈黙する死体」です。

人気メディカルスリラーの第2弾。臓器移植の権威・ワーグナー教授の講座に参加することになった女学生・レオ。ある日、彼女の友人・マックスが病院で謎の死を遂げる。警察は自殺と断定するが、レオと女刑事・ヨハンナは彼女の不審な死因に疑問を抱き…。(ぽすれん)
なんとなくジャケ借りしました。
そしてドイツ物だと知ってガックリ。ワタシ、ドイツ産ホラー・サスペンスには事如く肩スカシを喰らってきましたから…。
そしてそんな不安を抱きながらも鑑賞。見事撃沈…。

ジャケを見た限りではホラー寄りのサスペンスを期待していたのですが、本作ものの見事にサスペンス映画でして、それもTV並み…。
このジャケから「元カレの死について調べていく医学部の主人公。彼女が暴く新事実とは!?」なんて誰が想像するでしょうかねぇ。しかもオチも真っ当な「火曜サスペンス」級だし…。
あーヘタこいた~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミノタウロス

Photo_2 「ミノタウロス」です。

神話の怪物・ミノタウロスの伝説を描いたモンスターアクション。邪悪な力に支配された古代ミノス王国。テナ村の村長の息子・テオは、生贄として連れ去られた村の美女・フィオンを救うため、半人半獣の怪物・ミノタウロスが棲む迷宮に足を踏み入れる。(ぽすれん)
ジャケ借りです。
神話のミノタウロス。こういうの意外とワタシ好きなんですが、本作、実に真面目に作ってありまして、なんだか眠くなってしまいました…。
面白くないとか、映像がダメとかでは無いんですが、「面白味が無い」とでも言いましょうか。キッチリ描かれすぎてて、次の展開がワクワクしないんですよねぇ。もっとエッチとか、どこか気の抜けた箇所とかあればいいのに。
ワタシが食傷気味なのかしら?

伝説物が好きな人、限定ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リヴァイアサン

Photo_3 「リヴァイアサン」です。

旧約聖書に描かれた水の怪物・リヴァイアサンが現代に蘇るモンスターパニック。フロリダ州南部の大湿地帯で不可解な事件が連続して発生。現場には身体を半分に噛み千切られた遺体が残されていた。やがて、事件解決を急ぐ人々の前に謎の怪物が姿を現す。(ぽすれん)

ジャケ借りです。冒頭からショボめのCGが展開しまくって驚きました。いえ、正確にはCGがヒドイんじゃなくて「人間の演技がヘボかった」のかもしれませんが、どっちだっていいです。
そんな事より何より、肝心のリヴァイアサンが、私には「どう猛なタチウオ」にしか見えず、全く怖くなかったんですよねぇ。それでも面白い物は面白いと思うのですが、本作についてはどーも盛り上がりに欠けた気がしてなりません。こういうの好きなんですが。

やっぱCG<演技ですかねぇ。「アナコンダ」がいい例でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せになる彼氏の選び方

Photo 「幸せになる彼氏の選び方」です。

ルーシーは理想の結婚相手だと信じていた恋人にベッドでのテクニックが原因でふられてしまう。彼女は新たな恋人に出会うことで過去を断ち切ろうとするが…。その後5人の男性と付き合い、その中の一人と結婚することを誓うルーシーは?(Yahoo!映画)

タイトルとパッケージを見てレンタルしましたが、これは…失敗でしたなぁ^^;

恋に破れた主人公ルーシーが、新しい恋にチャレンジしていく…というのは前向きでいいし、5つのストーリーを同時進行させて「さて、最終的には彼女はダレを選ぶでしょう?」という設定もいいと思います。でもね…。
肝心のルーシーの感情の変化がわかりにくいし、ルーシーがそれぞれの男性の何処を気に入ったのか、そして何よりそんなルーシーに共感&納得が出来ない事が多すぎる!!笑い顔が少ないのかなぁ。なーんか、毎回やたらとヒステリックというかワガママというか、ルーシーの本作における「立場」というのが本当にわかりにくかったです。だって彼女の仕事の内容もよくわからない(というか仕事してるシーンがほとんど無い)し、お金持ちなのか貧乏なのか、はてさて年齢だってよくわからなかったので、彼女を思い描けずなんだか途中でどーでもよくなってしまいました。

唯一良かったシーンは、壁に8ミリの映像を流す夜のシーン。あれをされたら女子は胸キュン必死ですよぅ❤❤
この彼についてももう少し深く掘り下げて欲しかったなぁと悔しいばかりな作品でした。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

愛についてのキンゼイリポート

Photo唇ヘルペスになっちゃいました。かゆーい。(泣)
「愛についてのキンゼイリポート」です。

アメリカ、インディアナ大学の助教授キンゼイ(リーアム・ニーソン)は助手たちに、アメリカ各地を一緒に旅しながら個別面接で、人々の「性」の実態のデータを収集するよう命じる。キンゼイは助手たちと面接の方法について試行錯誤するが…。(映画生活)

リーアム兄さんがキンゼイ役をやってるとは知らずちょっと驚いたもももです。
本作、SEXについて真面目~に研究した学者の物語です。こういう学者モノの映画だと、たいていその学者は偏屈だったり、変わり者だったりすることが多いのですが、今回のキンゼイ教授はどこまでもノーマルというか冷静な普通のオジサン。たまに凄い言葉を発したりしますが、本人にとってみればそれはワイセツでもエロい言葉でも何でもなくて、単なる「研究材料」以外の何者でも無かったり、教授が男性と寝たり、「妻が助手と寝たい」と公言しちゃうあたりは、何ともついていけませんでしたが、宗教vs教授のバトルはなかなか面白かったです。

とにもかくにも、老夫婦となったキンゼイ達の愛の賛美ともとれるラストの森のシーンはなんともうっとりしてしまいました。素敵❤

| | コメント (2) | トラックバック (4)

迷い婚

Photo 「迷い婚」です。

サラは恋人のジェフとの結婚に同意したものの、いざとなると怖気づいている。そんな折、何のためらいもなく結婚を決めた妹のアニーから結婚式の招待状が届き、ジェフと一緒に実家へ戻ることを決めるが…。

やっぱりジェニファー・アニストンにはこういう「結婚で四苦八苦する役」というのが皮肉にも合っているとつくづく思ってしまいました。そういう意味でも本作は、それぞれの持ち味と配役がピッタンコな映画だったように思えます。
それに内容もちょい大人めで、ハシャギすぎず地味すぎない良いバランスが取れてたと思いました。

「冒険の”恋”か、安定の”愛”か。」これは結婚を目前とした男女なら誰しもが立たされる岐路。まぁ、持論からすれば「どちらかを選ぶ」という事自体が既に失敗の素になりつつあると思うのですけどね。やはり両方兼ね備えてる相手を見つけるしかないと思うのです。「そんな人いるわけないじゃん」と思うでしょうが、そう思うならもっと恋をして磨くしかないと思うんですけどね~。…と余談でしたが。

本作の見どころは何と言ってもプレイボーイなボー役のケビンコスナー!いやー大人の男のフェロモンまき散らしまくってました!元々コスナーファンでは無かった私も、本作の彼にはついメロメロになってしまいました。やっぱりこういう大人の男には憧れてしまいます❤

| | コメント (2) | トラックバック (4)

コベナント

Photo_2 「コベナント 幻魔降臨」です。

名門私立高校に通うキャレブと3人の仲間たちは共に魔女の「沈黙の誓約」を守り続けた一族の末裔。やがて、特殊な能力を持つ彼ら4人の周囲で不穏な出来事が起こり始め、ついには数百年に渡って一族を守ってきた沈黙の誓約に危機が迫る。(映画生活)

設定は面白そうだったんですが、どうもイケメンに焦点を当てすぎたのがまずかった。
能力を使いすぎると老けるという設定も、転校生との恋も、「なんでこの子にそこまで固執するの?!そうか物語と関係あるのね!」と思いきやたいした事無く…(泣)
全てにワケわからん状態でドドドーッとラストにもつれ込みドッカーン…終了……。

え?

という作品でした。もうなんの映画を観ているのかよくわからなくなります。
ホラーでイケメン?を使う時はもっとコキ使ってください!その方が絶対面白いんだから!
転校生のサラ役には、個人的に好きな「ヴェノム 毒蛇男の恐怖」のローラ・マウジーが出てます。あっちのほうがキミ、頑張ってたね。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

«パパラッチ