« 50回目のファーストキス | トップページ | エミリー・ローズ »

ヒストリー・オブ・バイオレンス

Photo_1 「イグジステンス」「スキャナーズ」「裸のランチ」の鬼才というより凶人、クロちゃんの新作映画「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を観てきました。

「家庭」「暴力」といえばDVか!と勝手に解釈してましたが全く違いましたね^^;ある夫婦が幸せな家族生活を送っていると、突如1人の男がやってきて夫の知られざる過去をほのめかしていく事で、凄い展開になっていくお話です。

相変わらず「そこは撮らなくていい」というシーンを撮る監督でした。妻のコスプレ、近距離での頭爆発、最後のあのシーンで終わったときは「おい終わりかよ!」と、ベタなツッコミをしてしまいましたが、「これ以上は撮らなくてもわかるでしょ。」という監督の意図がうかがい知れた気がして勝手に納得してしまいました。あの家族の受け入れ方を見れば一目瞭然だと。この監督相変わらず不評を買ってるみたいですがこれでいいんだと思います。別に少数派支持するわけではないですが、こういう作品がヒットしたら世の中おかしいもの。笑
いつまでたってもみんなを満足させる映画を撮ろうとしない監督だなあ。そういうところがより彼を好きなった私です。

最近ちょっと路線変更したかなと不安になってましたが、あの殺しのシーンで「変わってないなあ」とうれしく思いました☆

これからもわが道を進んでほしいです☆

|

« 50回目のファーストキス | トップページ | エミリー・ローズ »

コメント

こんにちは、もももさん。TBありがとうございます。
さすがクローネンバーグ監督のエロ&グロ描写でしたね。
リアルな殺人描写は凄かったし、もちろん妻のコスプレにド肝を抜かれました。
いやぁ相変わらずでうれしい限りです。

投稿: もじゃ | 2006年6月20日 (火) 14時13分

こちらこそありがとう御座います。
全くもって同感です。もっとシリの穴みたいな映像が多いかと思ってたので、勝手に意表をつかれました。笑

彼には長生きして頂きたいです☆

投稿: ももも | 2006年6月20日 (火) 14時42分

>相変わらず「そこは撮らなくていい」というシーンを撮る監督

うわはははは(笑)うまいことおっしゃいますな。
まさしくその通り。日本人がリメイクした場合、
あそこはセーラー服かぴちぴちのブルマーなんでしょうな。

投稿: ルー | 2007年2月20日 (火) 21時23分

>ルー様

コメ、TB返しありがとうございました!
私がその日本人監督だとすれば(恐れ多い事を^^;)そこのシーンは絶対「スク水」にします。(笑)

ちっちゃくて深いツボが散乱した作品でしたよね。
やっぱり大好き、この監督☆

またお邪魔します!

投稿: ももも | 2007年2月21日 (水) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/2241831

この記事へのトラックバック一覧です: ヒストリー・オブ・バイオレンス:

» 【 ヒストリー・オブ・バイオレンス 】 [もじゃ映画メモメモ]
店に押し入った強盗を倒し街のヒーローになった男の元に、彼の過去を知る男が現れるサスペンス・ドラマ。監督はデヴィッド・クローネンバーグ。 いつものクローネンバーグ監督らしい「暴力」がテーマ。暴力描写がグロいのはファンなら承知でしょう。一見、悪を退治する...... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 14時13分

» A History of Violence (ヒストリー・オブ・バイオレンス) [アリゾナ映画ログ]
2005年10月8日鑑賞Tagline Everyone has something to hide. ストーリートム・ストールはインディアナ州の小さな町で、ダイナー(食堂)を経営する、とても家族思いの、物静かで平凡な男。ある日の夜、閉店間際のダ... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 04時37分

» ヒストリー・オブ・バイオレンス [とにかく、映画好きなもので。]
   計算された暴力の構図と愛を失っていく過程に感嘆。  冒頭は二人の強盗犯がモーテルらしき所から出てくる所から始まる。  最初はそこら辺にいそうな、二人組と思いきや、ここでアメリカの暴力社会のひとひらをスクリーンに叩きつける。  そ....... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 20時38分

« 50回目のファーストキス | トップページ | エミリー・ローズ »