« ALWAYS 三丁目の夕日 | トップページ | ダークネス »

ポセイドン

Photo_10 金曜日は女性1000円デーということで行ってきました。ほんとは「君とボクの虹色の世界」を観たかったんですが、母が「そういう小難しいのはイヤ」というので、頭を使わなそうなアクションで「ポセイドン」にしました。

豪華客船「ポセイドン号」が大津波に巻き込まれ沈む映画のリメイク作品です。

おばさま達は「面白かった」「心臓がドキドキした」と大変ハッスルした様でしたが、私はどーしても乗組員のワガママっぷりと、脱出を指揮する男の人(名前忘れちゃった)の行動が非常に不可解で全く感情移入できずでした。
初めに脱出を指揮する男の人が「案内はしない。ついてくるな!足手まといだ!」と拒絶してたのに、最後にはみんなを引っ張るリーダーみたいになってるし、(多分途中で気持ちが切り替わったんだと思うけど)なんか都合良く最後まで進んだ気がして、モヤモヤしました。しかも子役の男の子「悪魔の棲む家」のリメイクに出てたブサイク3姉弟の末っ子だったし・・・。
元ネタは観ていないので本作のみの感想になってしまいますがなんだかなー。とにかく微妙な気分になりました。

子役は顔も大事だと思います。

|

« ALWAYS 三丁目の夕日 | トップページ | ダークネス »

コメント

トラバありがとうございました!
98分というちょうど良い短さだったので、
個人的には気軽にハラハラできてよかったです。
でもやっぱり短いせいか登場人物の行動には「?」なところが多かったですね。
子役の顔は印象にまったく残っていません・・・(笑)

投稿: ジャジャ丸 | 2006年6月28日 (水) 23時20分

こちらこそTB&コメントありがとう御座います☆

お話が短いせいでドラマ部分が省略されたのかもしれませんね。
それはそうとあれってどの辺がCGだったのでしょう?
思い出しても「あ、ココCG」て気付いた記憶が無いです!

「悪魔の棲む家」にでてた3姉弟は、ほんとに感情移入しにくいフェイスですよ。お暇なときにでもチラッと観て下さい。

またお邪魔させてください☆

投稿: ももも | 2006年6月29日 (木) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/2383892

この記事へのトラックバック一覧です: ポセイドン:

» ポセイドン(2006):Poseidon [昨夜の一杯]
名作『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクのニュースを聞いた時、 誰もが「必要ないだろ」と思ったはず。実は私もその1人でした。 劇場で上映時間を見たら98分・・・最近のハリウッド超大作ではめずらしく短時間。 しかもオリジナル版よりも大幅に短いため、描写が弱いのは想像がつきます。 そんな不安な気持ちでの鑑賞になりました。 しかし、予想に反して本作はオリジナル版とは別物の素晴らしい作品に仕上がっていたんです! ツッコミどころは正直言って多いです。でもそんなことは関係ありません! 登場... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 11時53分

» ポセイドン [とんとん亭]
「ポセイドン」 2006年 米 ★★★★★ 大興奮でした。いや~~手に汗握るってこの事なのね~~と改めて思いました。ご存知「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクですが 元の映画は全く覚えてません。 (TVで 観たかもしれないけど・・?) 大晦日...... [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 07時34分

» 制作裏話「ポセイドン」 [独身社会人映画ファンメーリングリストHPブログ]
ペーターゼン監督は、いま何故、「ポセイドン・アドベンチャー」なのか? 「タワーリング・インフェルノ」ではなくて、何故「ポセイドン・アドベンチャー」なのか?と問われて、 「水の映画を撮るのはこれで三本目。 タワーリング・インフェルノは水が無いところが魅力的ではなかった。 ポセイドンは水と格闘する映画。旧作はたのしい娯楽映画という印象。 今度の映画は現代がメタファーになっていて、今、世界中で自然災�... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 13時24分

« ALWAYS 三丁目の夕日 | トップページ | ダークネス »