トップページ | ふたりの5つの分かれ道 »

ダウン・インザ・バレー

Down_in_the_valley_dvd_1 「サーティーン」で超かわいかったエヴァン・レイチェル・ウッドちゃんと、大好きなエドワード・ノートンが、時代錯誤のカウボーイと18歳のオンナノコ純愛映画だそうで。

この二人は演技力があるから絶対一筋縄ではいかない内容だと思い見ました。

確かに。すげーラストだわ。てかエドワードノートン破綻ぷりがよかった。ヴァイオレンスじゃないです。あくまでも純情。でもこういう男いたらやだなー。ある意味たち悪い。

でもこの二人よりお父さんの方がなんだか可哀相で一番切なかったです。

|

トップページ | ふたりの5つの分かれ道 »

コメント

これ主人公の奇行っぷりに賛否両論って感じですね。
メルキアデスもそんな感じでしたね。どちらかといえばヨーロッパ映画風かなと思います。

投稿: trichoptera | 2006年8月25日 (金) 11時10分

お世話になります。

この作品て突き詰めて考えるとtrichoptera さんが言う

>「中流階級」「LA郊外」に意味がある。

ていう言葉に尽きるんだと思いました。あと今の時代に「カウボーイ」てのも。
それを「微妙なバランス」と取るか「稚拙な主人公の中途半端な映画」と取るかで評価が分かれるのかなーと思います。

私はこういう救いようのない悲劇的な映画は好きなので(最後の散骨の部分を入れて)OKなんですけどね☆

投稿: ももも | 2006年8月25日 (金) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/2227891

この記事へのトラックバック一覧です: ダウン・インザ・バレー:

» 「ダウン・イン・ザ・バレー」 (2005) [とりあえず生態学+]
アメリカ父系社会の瓦解… ダウン・イン・バレー 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 112分 監督 デヴィッド・ジェイコブソン 製作総指揮 サム・ナザリアン 脚本 デヴィッド・ジェイコブソン 音楽 ピーター... [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 11時07分

» は!!、何この映画、「ダウン・イン・ザ・バレー」 [ミュージックファクトリーの音楽・映画情報]
は 一体、何が起きたの 突然、「ブラウザ」が閉じやがった・・・ んだよ 最近、「調子わるんだよなぁー、このパソコン」 アドビの「アクロバットリーダー」の最新版をインストをしてから、こんな状況が多発している かといって、アドビのせいじゃーないかもしれな... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 00時37分

トップページ | ふたりの5つの分かれ道 »