« ロード・オブ・ドッグタウン | トップページ | メルキアデス・エストラーダ 3度の埋葬 »

ハーヴィー・クランペット

Photo_37 前に他のサイトの方が薦めているのを見て、早速レンタルしました。
オーストラリア発のクレイアニメ、「ハーヴィー・クランペット」です。

貧乏で不運つづきのハーヴィーの障害のアニメです。

とにかく不幸すぎ。(笑)
炭鉱で脳に障害を背負った母親に「世界の常識」を教わったハーヴィーは、本当の「世界の常識」の通じる人には受け入れてもらえないし、亡命したので英語もわからない。それに、出てくる人もみんなどこか障害を持ってる人ばかり。
でも本作は不思議と落ち込まないです。それはみんなの心がすごく豊かで、「生きている」からだと感じました。そして微笑ましいというか、生きる辛さも悲しみも考え方ですべて変わる、よい見本のようなアニメです。偏見ってほんとによくないと改めて実感しました。

そして、それがリアルに実感したのが「ハーヴィーの養女」。
「腕が少し短い」と訳されたけど、明らかに「手が無い」。そんな彼女を施設で真っ先に選んだハーヴィー夫婦の心と、その彼女に「人を愛しなさい。そして自分の体も愛しなさい。」という教育方針。
ありがちだけど、手の無い彼女を「かわいそうな女の子」だと一切思わないその考え方に酷く感動してしまいました。でもどっかでこういう設定の映画見たことあるなと思ったら「二人にクギづけ」がありました。監督は「メリーに首ったけ」のファレリー兄弟の最高傑作です。(彼らの今までの作品にすべて障害者が出てるって知ってました?)
それにしても、ありのままを受け入れるその姿勢、見習いたいものです。

そう考えると、見た目ばかり気にするセレブや嗜好に囚われる自称グルメ派やお金持ちの、なんと浅はかなこと。ハーヴィーとはすべてが逆です。

DVDで見たんですが、これには本作のほかに短編3品が入ってました。
こちらも面白いですが「おじさん」「いとこ」「兄さん」と下に行くにつれ落ち込むので、あまり落ち込みたくない人は「おじさん」留まりにしたほうがいいかもしれません。「兄さん」に関しては泣いちゃった。でも、製作者の環境を知ることができるので興味があれば是非☆

|

« ロード・オブ・ドッグタウン | トップページ | メルキアデス・エストラーダ 3度の埋葬 »

コメント

独特で不思議な世界観でした。確かに短編3作はダウン系ですね。アカデミー獲ったにも関わらず映画生活にもないというマニアックさはなんなんでしょうw。

楽しまれたようでよかったです。

投稿: trichoptera | 2006年7月30日 (日) 04時41分

>trichoptera様

お世話になります。本作、良かったですよー。DVDのパッケージを見る限りではかなり不安でしたが、いやいや良かったです。私は本作を見ながら生命の誕生まで考えてしまいました。行き過ぎですね。(苦笑)

良い映画に出会えてよかったです。ありがとうございました☆

投稿: ももも | 2006年7月30日 (日) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/2847055

この記事へのトラックバック一覧です: ハーヴィー・クランペット:

» 『ハーヴィー・クランペット』 [天と月とわたしと]
ポーランド生まれのハーヴィーはトゥレット症候群。木こりの父親と鉛中毒の母親、学校での友だちは言語障害。ハーヴィーの人生は事故や怪我や病気に次々と襲われるも、ガン病棟で知り合った女性と結婚し、サリドマイド女児を養女に迎える。 やがて女性達も次々とハーヴィーの人生からいなくなる。プロザック依存に陥ったハーヴィーは人生の終焉に向かう、というクレイアニメ。 人物は全員灰色で次々と死んでいく。物語の進み方も灰色基調。明るい要素は何一つない。のに、なにかひっかかる。どん詰まりな皮肉が突き抜けてて、現... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 13時29分

» ハーヴィー・クランペット (2003) [マーク・ダーシーの日記]
ハーヴィー・クランペット 監督 アダム・エリオット 声の出演 ジェフリー・ラッシュ 評価 7 ★★★★★★★ 2003年にオーストラリアで公開されるや各国の映画祭で話題となり、2003年アカデミー賞短編アニメ作品賞を受賞したクレイアニメ。ポーランドできこりの父と炭鉱で働く母の間に生まれた知的障害者・ハービーの数奇な一生をコメディタッチで描く。今年最初の映画。上映時間23分。 何とも表しにくいですが観て損はないと思います。 冒頭の言葉「生まれながら偉人もいれば、努力の人、押し上げられる... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 20時47分

» 「ハーヴィー・クランペット」 (2003) [とりあえず生態学+]
さり気にシュールなクレイアニメ。そしてヤバイ。(微ネタバレ気味かも) story 2003年にオーストラリアで公開されるや各国の映画祭で話題となり、2003年アカデミー賞短編アニメ作品賞を受賞したクレイアニメ。ポーラ... [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 04時34分

« ロード・オブ・ドッグタウン | トップページ | メルキアデス・エストラーダ 3度の埋葬 »