« デスノート 読破! | トップページ | クラッシュ »

プリティ・ヘレン

Photo_25「プリティ・ヘレン」

これ、2004年の映画なんですね。8/4に発売ということで、今頃サンプルで出てました。遅いということは興行成績はイマイチだったということかぁ。何にしてもDVDになっただけよかったです☆

花のN.Y.で敏腕キャリアウーマン&遊び人のヘレンが、他界してしまった姉夫婦の子供3人を引き取る事になり悪戦苦闘する王道系ラブコメヒューマンドラマっす。


で、始めはチャラチャラ遊んでばっかのケイト・ハドソンに、この映画の行く末がどんなだかなんとなく想像がついてきちゃって、軽く勝手にウンザリしちゃいました。こういうチャラけた感じは「セックス・アンド・ザ・シティ」でお腹一杯だからいいよー、と。

なのに1/4が終わったくらいからグングンと物語が生命を復活させるじゃないの。この貧乳ちゃん、やるじゃない。思春期ガールのお転婆に悪戦苦闘するケイトにふつふつとこの作品の良さが沸き上がってきてグーよグー。

決して新鮮なテイストではないんだけど、終わってみればヘレンを応援しちゃってる自分にビックリでした。それに、全ての登場人物に悪い人が全くいないというサザエさん状態で、母親の大変さや愛情の深さをうまく表現できていました。
王道だからといってちょっとナメてかかっていた自分に反省です☆

|

« デスノート 読破! | トップページ | クラッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/2632553

この記事へのトラックバック一覧です: プリティ・ヘレン:

» 「プリティ・ヘレン」 [試写会帰りに]
「プリティ・ヘレン」原題「RAISING HELEN」 Raising HelenSoundtrackとRaising Helenビデオ。#63736;お、お父さん……!? 「プリティ・ウーマン」「プリティ・ブライド」「プリティ・プリンセス」に続き、日本ではすっかり“プリティ・シリーズの”と呼ばれているゲ..... [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 13時38分

» 『プリティ・ヘレン』 [ラムの大通り]
---この映画の監督って『プリティ・ウーマン』で 有名になった人だよね。 「うん。ゲイリー・マーシャルだね。 以後、『プリティ・ウーマン』の大ヒットにあやかろうと、 彼の作る映画にはことごとく<プリティ>が付くようになった。 でもそのために映画の内容が分かりにくくなっている。 『Runaway Bride』が『プリティ・ブライド』 『The Princess Diaries』が『プリティ・プリンセス』」 ----その2作は... [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 19時17分

» 「プリティ・ヘレン」 [てんびんthe LIFE]
「プリティ・ヘレン」ヤマハホールで鑑賞 ケイト・ハドソンが主演のラブコメと勝手に思いこんでいましたが、少々見込み違い。明るい笑顔で割と明るい描き方ではありますが考え方によっては結構シビアな問題です。25歳の独身キャリアが突然3人の子供の親になる。交通事故でなくなった姉夫婦の子供たちを引き取って悪戦苦闘するお話でした。ゲイリー・マーシャル監督は「プリティ・ウーマン」があまりにもパワーがあったので日本の興行サイドは何でも「プリティ」を邦題にしちゃっている感じでいただけません。「プリティ・ブライド」... [続きを読む]

受信: 2006年7月14日 (金) 16時38分

» プリティ・へレン [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  ここのところ『ミュンへン』とか『シリアナ』とかの重くて暗い映画ばかり観てしまったので、軽くてノリの良い映画が観たくなっていた。 それで内容も良く調べずに、この映画を選択してしまった。確かにこのタイトルと主演のケイト・ハドソンのハデなポスターを見... [続きを読む]

受信: 2006年7月14日 (金) 22時54分

» プリティヘレン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
幸せになりたい女性に、この映画は最高の贈り物。『プリティ・ウーマン』を始め、『プリティ・ブライド』など、「プリティ」シリーズで輝く女性たちを描いてきたゲイリー・マーシャル監督が、愛らしさ満点のケイト・ハドソンを主演に迎えておくるハッピー・ストーリー。一...... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 03時48分

» 【洋画】プリティ・へレン [ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!]
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役2/魅力2/テンポ2/合計28) 『評論』 「プリ... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 15時54分

» プリテイ・ヘレン [とんとん亭]
「プリテイ・ヘレン」 2006年 米 ★★★★ ヘレン(ケイト・ハドソン)は、NYのマンハッタン働くバリバリのキャリア・ ウーマン。モデルエージェンシーをしているが、いつも、スーツをバリっと 着込なし、高いヒールのパンプスをはき 颯爽と歩く。 いつ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 21時35分

» 「プリティ・へレン」 [ひらりん的映画ブログ]
ケイトはケイトでも、ケイト・ハドソン主演。 監督が、「プリティ・ウーマン」のゲイリーマーシャルだから、「プリティ〜」の邦題になってるらしい。 原題は「RAISING HELEN」。 2004年製作のファミリー系コメディ・ドラマ、119分もの。 [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 03時32分

« デスノート 読破! | トップページ | クラッシュ »