« リード・マイ・リップス | トップページ | ロボッツ »

ジェヴォーダンの獣

Photo_49 「ジェヴォーダンの獣」です。フランス繋がりのヴァンサン・カッセル繋がりの「サイレントヒル」のガンズ繋がりです。観るしかないでしょです。

フランスのジェヴォーダン地方に大きな獣が出て、若い女性ばかりが殺されるという事件が起こる。それを聞いた生物学者で医者で剣の達つ男とその使いの者のインディアン(渡辺謙かと思った)が村を訪れることから話は始まります・・・。ツッコミどころ大有りですがその辺はまぁ・・・ガンズ、「サイレントヒル」でがんばってくれましたから。うん。

<超ネタバレです。本作については内容を隠して書けないです・・・。ごめんなさい>

当初から、生物学者の主人公は「獣なんていない」と現実主義を貫いていたので、私としては「そうか、てことはやっぱリアルにケモノなのね」と狼男を想像してましたが、娼婦のモニカ・ベルッチ(気づかなかった・・・!)が出てきたあたりで、主人公がサラサラと狼男の絵を描き始めました。なので「てことは狼男じゃないのか。じゃあやっぱり人間??」とまた勝手に推理しなおしていると、お話が進み、また人が襲われてそのうち鉄の爪を見つけたり、「獣」を観た男の子の証言では「あれは狼じゃない。悪魔だ」と言ったり、なのにその回想シーンでは「もののけ姫」のシシガミ様みたいのが登場しちゃったりするので、観ているこっちは全く考えをまとめられず、結局肝心のチャンバラシーンで疲れてちょっと寝ちゃいました☆

なので、気を取り直しもう一度チャンバラシーンから見直して「やっとラストだ。でもなかなか面白かったかも?」などと思ってると、若伯爵がおじいさんになってて、今までのは回想だったり、「貴族は殺せ」と叫ばれたりしていて最後までいったい何が言いたいのがいまいち飲み込めない映画で、ちょっと困惑しましたが、調べてみたらフランス革命だったんですね。なるほど。

・・・自分のレビューを読んでみて、まったくまとまってないので「訳わかんね」と思いでしょうが、見ている間、ずっと私の頭の中でまとまりがつかなかったのでこんな形になってしまいました・・・。むむ、難しいデス。

|

« リード・マイ・リップス | トップページ | ロボッツ »

コメント

もももさん、ヴァンサン・カセル結構好きです。モニカねーさんも好きです。でもこの映画確かにドコがメインなのかよく分かりませんでした。オチは邪教集団?だったですよね。
TBさせて頂きます。
それから、勝手ながらもももさんのブログリンクさせて頂きます。私が観た作品がたくさんあるので(笑)
よろしくお願い致します。

投稿: Lance | 2007年2月18日 (日) 03時29分

>Lance様

いつもありがとうございます。
ほんと、記事が結構カブってますもんね^^
是非宜しくお願いします☆

あ、ロストいまんとこ3枚目まで見ちゃいましたよ。

投稿: ももも | 2007年2月19日 (月) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/3011805

この記事へのトラックバック一覧です: ジェヴォーダンの獣:

» 【ジェヴォーダンの獣】渡辺裕之!? [ 【インテリア&ライフ】 デザイナーズ家具、インテリア、雑貨...]
18世紀のフランスで起きた『ジェヴォーダンの野獣事件』。100人を超える女と子供が姿を消したという実話を元に作られた映画。ジャケットからしてB級映画の匂いがプンプン漂ってきて思わず借りてしまいました。さて内容ですが、フランス映画独特のおどろおどろしい雰囲気...... [続きを読む]

受信: 2006年8月11日 (金) 22時24分

» ジェヴォーダンの獣 [ オタク部屋]
2001年 仏 出演: サミュエル・ル・ビアン/ヴァンサン・カッセル/モニカ・ベルッチ/エミリエ・デュケンヌ/ジェレミー・レニエ/他 ルイ15世統治のフランス ジェヴォーダン地方で、村人が100人以上謎の獣に襲われるとゆー実話を、獣の正体はこれじゃないの?って映画になったようです。(フィクションですよ) ルイ15世は動物学者フロンサック(何故か強い)にジェヴォーダンの調査を依頼する。相棒のインディアンと領主の息子の協力を得、獣を倒すべくフロンサックは頑張ります。この映画では獣は人の手により... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 03時24分

« リード・マイ・リップス | トップページ | ロボッツ »