« ナインスゲート | トップページ | リード・マイ・リップス »

ジャーヘッド

Photo_47 ずっと観たかった「ジャーヘッド」です。「デイアフタートゥモロー」のジェイク・ギレンホールです。格好いい☆

湾岸戦争を舞台に「今時の若者」の戦争観が見て取れる稀有な作品。

正直言ってこんなにポップだとは思わなかったです。音楽の使い方といい、セレクトといい、まさに20代前半~30代までをターゲットとした戦争映画だと感じました。めずらしいね。こういうの。
戦争をテーマとしてきた今までの作品とは180度違う撮り方なので「重量感が無い」「命の重さが伝わらない」と言われるかも知れませんが、これはこれで良いと私は感じました。湾岸戦争って、ほんと、何のための戦争?っていわれたら「アメリカのためでしょ」と言うしかないもの。そして、そう感じる若者の視点なのだから、こういう作り方で合ってるとも感じました。
それと、チームのみんな誰1人死ななかった(戦争中は)というのも、良い投げかけになってると感じます。絶対あのチャラけた人が死ぬと思ってたもの。流れ的に。

こういうコンセプトの戦争映画ってのも面白いと思います。かなり軽いけど、恋人と一緒に観れる稀な映画として私は好きだなぁ。

|

« ナインスゲート | トップページ | リード・マイ・リップス »

コメント

TB、沢山有難うございました♪
素敵な ブログですね~~★

ココログにはTBが はじかれる事が多く 遅くなって ごめんなさい(o*。_。)oペコッ
宜しくお願いします♪

投稿: とんちゃん | 2006年8月10日 (木) 07時31分

とんちゃん様

こちらこそありがとうございました☆
えっはじかれること多いんですか!?知らなかったです・・・。
それは申し訳ないです・・・。

またお邪魔させてください☆

投稿: ももも | 2006年8月10日 (木) 16時57分

こんにちわ

>チームのみんな誰1人死ななかった(戦争中は)というのも、良い投げかけになってる

まさにそう思いますね。誰も死なないってのがミソかと思いました。
TBさせていただきました。

投稿: trichoptera | 2006年8月23日 (水) 15時27分

コンニチハ!

こないだ他の映画を観てたら予告で「ジャーヘッド」のジェイクが口ペットをやってるシーンが出てて「あーいい映画だったな」と思い返してました。
戦争映画を「面白い」と言ってしまうのはどうかなと思いますが、これはほんと面白かったですねぇ。

また参考にさせてくださーい!^^

投稿: ももも | 2006年8月23日 (水) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/2969295

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーヘッド:

» ジャーヘッド [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  叩き込まれた戦争欲、後に残るは空しさだけ [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 20時47分

» ジャーヘッド [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
湾岸戦争でのアメリカ、海兵隊員の姿を描いた作品です。 海兵隊員として厳しい訓練に耐える若き兵士、スオフォード。イラクとの関係が悪化し、狙撃の名手としてイラクへ派遣されることとなります。けれど、なかなか戦闘は始まらず、暇をもてあます日々。そして、相当の日数が経... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 20時56分

» 僕の戦争は4日と4時間と1分。 [CINECHANの映画感想]
34「ジャーヘッド」(アメリカ)  1989年海兵隊員に憧れて入隊したスオフォード。いじめのような新兵訓練を終え、翌年サイクス三等曹長率いる斥候狙撃兵に配属され、サウジアラビアの砂漠へ送り込まれる。しかし、当面の仕事はサウジアラビアの油田の警備。攻撃するべく敵もおらず、スオフォードたち兵士は退屈でむなしい待機の日々を過ごす。  希望に満ちて海兵隊に入隊し、「地獄の黙示録」を観ながら歓喜する。もう敵を撃つ気満々で戦地へ赴くが、実際は待つだけ。兵士たちは退屈を紛らわすためバカ騒ぎを起こした...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 22時42分

» 「ジャーヘッド」 [或る日の出来事]
(c) 2005 Universal Studios. All rights reserved. 1991年の湾岸戦争に参加した兵士が書いた原作の映画化。 18歳で海兵隊に入隊し、20歳で戦地におもむいた若者アンソニー・スオフォード。 彼や、彼の周... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 22時43分

» 映画館「ジャーヘッド」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
湾岸戦争を題材にした作品。 湾岸戦争といえば、1991年に勃発した戦争。 当時、私はまだ若くニュース映像では知っていましたが自分の遊びで忙しく本当に他人事のように思っていました。それが、こうやって映像で出されると私が遊びほうけているときにもこうやって戦って...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 05時34分

» 戦争と武器 [Akira's VOICE]
「ジャーヘッド」 「ロード・オブ・ウォー」 [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 12時13分

» 【 ジャーヘッド 】 [もじゃ映画メモメモ]
湾岸戦争を体験した海兵隊員の小説を映画化。サム・メンデス監督、ジェイク・ギレンホール主演。 湾岸戦争を舞台にした映画だが、派手な戦闘シーンは皆無と言っていいほど。兵士達の戦場での日常をリアルに描いています。 あからさまな戦争批判もアメリカ万歳も謳って...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 21時54分

» ジャーヘッド [とんとん亭]
「ジャーヘッド」 2006年 米 ★★★☆☆ “栄光なき戦い”91年の湾岸戦争を、とある海兵隊の新米兵士の目を通して伝える。 大学進学時に迷い何となく入った「海兵隊」。そんな青年は少なくない筈。 ジャーヘッドとは、海兵隊の俗称で、規則の丸刈り頭と ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 07時29分

» ジャーヘッド [とにかく、映画好きなもので。]
   実際に海兵隊員だった男のノンフィクションをベースにした映画です。  ジャーヘッド=ポットのように刈り上げた頭から由来する海兵隊員の呼び名のこと。    青年スオフォード(ジェイク・ギレンホール)は、18歳になって海兵隊に入隊した。  彼....... [続きを読む]

受信: 2006年8月11日 (金) 11時05分

» ジャーヘッド [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
★本日の金言豆★ 2006年1月17日で、湾岸戦争勃発から15年目。 2006年2月11日公開 2006年7月28日DVD発売  戦争映画なのに、戦闘シーンがほとんど無い。そんな一風変わった作品。  なんだか、軍隊をハイスクールに見立... [続きを読む]

受信: 2006年8月11日 (金) 17時24分

» 「ジャーヘッド」 (2005) [とりあえず生態学+]
究極の寸止め映画。いや究極かどうかは知らんが... ジャーヘッド 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 123分 監督 サム・メンデス 製作総指揮 ボビー・コーエン 、サム・マーサー 原作 アンソニー・スオ... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 15時24分

« ナインスゲート | トップページ | リード・マイ・リップス »