« ユナイテッド93 | トップページ | 雨月物語 »

ステイ STAY

Photo_62 ずっと見たかったシチュエーション・スリラーの「ステイ」です。(ネタバレありなので自己責任で☆)

神科医のサム・フォスター(ユアン・マクレガー)は、若い男性患者ヘンリー・レサム(ライアン・ゴスリオング)を担当する。彼は「雹(ひょう)が降る」と言いその場を去った。しばらくすると彼の予言通り雹が降り、サムはヘンリーへの興味を覚えるが、ヘンリーは「3日後に自殺する」と告げる。

テイストはまんまデヴィット・リンチ「マルホランド・ドライブ」です。色調の黒さ、謎の散りばめ方はそのまんまな感じでした。正に「観れば迷宮に入り込むのは必至」な映画です。現に私は全くわからなかったです。ラストを観てもわかりませんでした。考え直してやっと「あー」と思いましたが。

観ている間ずっと疑問に思ったのは、サムのズボンの裾が「やたら短い」。ということでしたが、これも観ている間は「ダサいなぁ」としか思わず、でした。画面の切替が速いこと、ライラ(ナオミ・ワッツ)の職業が初めとラストで違うこと、サムにもヘンリーと同じようにデジャヴが経験できるようになったこと、いろいろ疑問がありましたが、公式サイトの「迷宮からの脱出」を見て、(キーワードは「ブルックリン橋」)他にも「双子と三つ子がいる謎」などに驚かされました。

ですが私にはどうしてもいまいちな印象しか残らなかったです。同じような映画の「マルホランドドライブ」ではあんなに感動したのに。
考えてみたらこの作品にはブラックユーモアが少ないのかもしれません。どちらかというと真面目で良いお話に仕上がっている気がします。反して「マルホ~」はもっと心の闇の部分を露出している箇所が多いです。

・・・うん、でもなんだかんだ書きましたが終わって、あれこれ考えてみると「切なくて綺麗な物語だった」と感じますね☆

|

« ユナイテッド93 | トップページ | 雨月物語 »

コメント

こんにちは、いつもお世話になります。

もうDVD出たんですね。
ウチの街の劇場公開が遅くって、待ちに待った期待感からか…そこまで良い印象はないですが

DVDで何度も観なおして、いろいろ発見するたのしみがある映画ですね。借りてきてまた見てみます。

投稿: trichoptera | 2006年9月 4日 (月) 14時33分

お世話になります☆

そうなんです、もうデーブイデー出てたんですよ。
うちのほうは相変わらず上映されなかったので(;;)解禁を首を長くして待ってたんですけどね。確かに「期待ほど」では無かったです。はい。

しかも前の日に「ユナイテッド93」見てますからね。タイミングって結構大事だったりしますねぇ。

またお邪魔させて下さい!

投稿: ももも | 2006年9月 4日 (月) 15時15分

こんにちは。TB&コメントありがとうございます。
「ステイ」はおいといて。

是非「ヴァンパイア侍」をよろしくお願いします。
観ると何だかやるせない気持ちになります。
膝の力が抜けてガクッと落ちます。
それでも最後まで観たじぶんが誇らしいです。
ここまで言ったら気になって観たくなるに違いないという思惑。

投稿: もじゃ | 2006年9月 6日 (水) 01時25分

>もじゃ様

・・・まじすか。「処刑ドット・コム」を観たときのように1週間荒れ荒れにならないですかね、ワタシ・・・。不安です。

でも既に「ヴァンパイア侍」の画像ゲットしました・・・。
ブログ書く気でいます・・・。

投稿: ももも | 2006年9月 7日 (木) 11時05分

この映画は劇中で何が起こっているのかサッパリ解からず、「凝った編集が面白い」という印象しか残りませんでしたね。
予告を見た時点では、『ファイト・クラブ』と同じオチだと予想したんですが全然違ってましたし。

投稿: えめきん | 2007年1月31日 (水) 20時31分

>えめきん様

コメありがとうございます。

個人的にこのオチはあんまり好きじゃないです。
ユアン・マクレガーの「ズボンの裾が短い理由」というのも、なーんかこじつけのような気がしてならない。(実際意図してるかんじですけど)
いまいちパッとしなかったですね^^;

投稿: ももも | 2007年2月 1日 (木) 13時18分

>サムのズボンの裾が「やたら短い」。
ですよね。ツっこみどころですよね。しかも黄色かよ、と。
精神科のセンセイがやたら方向性間違ったオシャレをするのは身近でさんざん見て学習しておりますが。
私のかつての主治医は白衣の下にバカボンのパパの柄のTシャツをよく着ていて、スケて見えて、真面目な話ができない・・・・。頑なな患者の心をほぐす方策なんだろーか。。。

とても丁寧なつくりでしたね。マルホランドのように
芸術性や人の心の闇にまでは踏み込んでいないんですが、
そのかわり、とても優しい映画でした。リンチは冷酷ですから。

投稿: ルー | 2007年2月20日 (火) 21時39分

>ルー様

お世話になります!

あのズボンのスソに関しては、まじで推理どころじゃなかったです。「きっとイギリス人だから(仮定)ちょっとスソ上げしたのがオサレなんだな」と理不尽な理由をつけて、無理矢理自分を納得させてました。

ほんと、訳わかんなく作ってるのに根本は心温まる?内容でしたね。一般作って事かな…?

またお邪魔します!
ありがとうございました★

投稿: ももも | 2007年2月21日 (水) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/3315270

この記事へのトラックバック一覧です: ステイ STAY:

» 「ステイ/STAY」 (2005) [とりあえず生態学+]
いいキャスティングなのになんでこんな小規模上映なの? ステイ 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 101分 監督 マーク・フォースター 製作総指揮 ビル・カラッロ 、ガイモン・キャサディ 脚本 デヴィッド... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 14時33分

» STAY ステイ [日々徒然ゆ~だけ]
 ミイラ取りがミイラにか,有り体な,実は医者の方がキ○ガイだったなんつー話か,と中盤までは高を括っていたが,奔走する精神科医の混乱にすっかり巻き込まれてしまったのだった。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 19時32分

» STAY [龍眼日記 Longan Diary]
21歳の誕生日に自殺すると予告して姿を消したヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング)。 そんな彼を救おうと必死で追いかける精神科医サム・フォスター(ユアン・マクレガー)。 2人のコンタクトは偶然ではなかった・・・。 ラストシーンであぁ、このヒトたちはみんな・・・そうだったのか! とうっすらながら全てのエピソードが1本の線でつながるような気がするのだが・・・ うーんどうにもよくわからない。 ラストのこの事実ありきで、そこから過去に遡ってヘンリーはサムの前に現れたのか? それに... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 19時56分

» STAY ステイ [k.onoderaの日記]
最近とみに流行っている、「今、自分のいる世界は本物か?」という、デカルト的な映画。 この映画では、割合早くにそれを匂わせる演出が見られ、映画のスト... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 09時06分

» 【 ステイ 】 [もじゃ映画メモメモ]
精神科医のもとに前任のセラピストから引き継いだ一人の患者が現れる。ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ主演のサスペンス・スリラー。 途中でいくら考えても答えが見つからないんですよ。いろんな伏線があったり、結末を暗示させるものまであるんだけどね。真相を見...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 01時18分

» ステイ (Stay) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーク・フォースター 主演 ユアン・マクレガー 2005年 アメリカ映画 101分 サスペンス 採点★★★ ネタバレしないで書けるほどお利巧さんではないので、未見の方はご注意を。 【ストーリー】 ニューヨークの精神科医サムの前に現れたミステリアスな患者ヘンリー。3..... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 00時19分

» STAY ステイ [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
★本日の金言豆★ ブルックリン橋:イースト・リバーにかかり、ニューヨーク市のマンハッタン島南東部とブルックリン区を結ぶ橋、長さ1834m、中央径間486m。米国でもっとも古い吊橋の一つで、鋼鉄のワイヤーを使った世界初... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 01時34分

» 口外禁止!! [35歳から英語勉強して良いかな?]
口外禁止というキャッチコピーに惹きつけられて、先日迷わず借りた『STAY』。見 [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 10時26分

» 『stay -ステイ-』 [唐揚げ大好き!]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン ステイ   『stay』   口外禁止、極限のサイコ・スリラー 予告:「誕生日の夜に自殺する」。そして彼は姿を消した。   ユアン・マクレガー×ナオミ・ワッツが主演のこの映画、何でこんなにマイナー... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 19時58分

» ステイ [広州生活]
ステイ 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2006/09/02 メディア: DVD  世間の評判も良くないし、ヒットした形跡もないのだけれど、どうしても記事を書きたくなって久しぶりに英語字幕版を見直してしまった。いや、実はこの映画良くできているのだ。完成度という点から言えばかなりレベル高いと思う。丁寧に作りこまれた脚本と、一番評価してあげたいのは編集か。ネタバレになってしまうが、場面をつなぐちょっと斬新な映像が物語のポイントであったり... [続きを読む]

受信: 2006年10月14日 (土) 00時32分

» 【洋画】ステイ [ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!]
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36) 『評論』 ユア... [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 15時51分

» mini review 07016「ステイ STAY」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : スリラー/サスペンス 製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 時間 : 101分 公開日 : 2006-06-03〜 監督 : マーク・フォースター 出演 : ユアン・マクレガー ナオミ・ワッツ ライアン・ゴズリング ケイト・バートン ボブ・ホスキンス ジャニーン・ガラファロ 精神科医サム・フォスター(ユアン・マクレガー)は、謎めいた若い患者ヘンリー・レサム(... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 15時30分

» ステイ [5125年映画の旅]
未来を予言し、自殺をほのめかす青年ヘンリー。彼を救おうとする精神科医のサム。二人の交錯と、ニューヨークの街を幻想的に描いたスリラー。 なんですが、頭の悪い僕には劇中で何が起きているのかサッパリ理解出来ませんでした。 以下ネタバレ注意。というか、未見の人...... [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 20時12分

« ユナイテッド93 | トップページ | 雨月物語 »