« マインドハンター | トップページ | 秘密結社 鷹の爪 »

笑う大天使(ミカエル)

Photo_145 コメディですが「CGの多様化」ということでジャンルはあえて「SF」にしてみました「笑う大天使(ミカエル)」です。

超名門お嬢様学校、聖ミカエル学園に迷い込んでしまった、庶民派のお嬢様3人。「大天使の乙女達」と呼ばれる本物のお嬢様たちの中で、3人は思いっきり猫をかぶっている。そんな彼女たちはある日、隠れてチキンラーメンを食べていると突如サイキックパワーが宿り…。

これ、CGにかなり気合いを入れてるようですが、CG犬の「ダミアン」、質の悪いです。そのお陰で「これはまさにアルバトロス向けの作品だ」と開始10分で気付けてちょっとほっ。その点では同アルバトロスの「女子高生ロボット戦争」並みです。
そしてこの作品、相当不人気のようです。ある意味納得。

でも上野樹里が出てるからとか、伊勢谷が出てるからとか「恋は五・七・五」の関めぐみがでてるからといって、勝手に普通のコメディだと思った人が負けでしょう。これは完璧なアルバトロスB級映画です。ダメ元で観る覚悟が無ければ観ては行けない配給会社の作品なのです。以後ご注意を。

ということで、配給会社を念頭に置いて観ると、意外やあっさりと観れてしまうこの映画。
いままで観たアルバトロスの映画の中で考えればかなり上位に食い込む出来だと思いました。イケメン揃いだし、女子もかわいいし。お話も悪くないです。

でも、なんか年末の在庫一掃セールで、たいして欲しくもないのに買ってしまったワンピースのような映画だったかもしれません。

|

« マインドハンター | トップページ | 秘密結社 鷹の爪 »

コメント

TBありがとうございました。
最近更新が途絶えがちなんで
お越しいただけてうれしいです~♪

えっと、もう見たのがだいぶ前なんで
うろ覚えでございますが。

本来主人公の3人よりも
美形もしくは可愛い、ホントに誘拐したくなるような
セレブがゴロゴロいなくちゃいけない設定なのに
ガーデンパーティのコスプレやメイク見る限り、

『そんなヤツおったか?』

というのが一番ショックでした。(わわわ)

投稿: Ageha | 2006年12月26日 (火) 17時18分

なるほど。アルバトロス印ならというのは笑えました。観方を変えれば、案外カルトムービーなのかな? アメリカのドライブインシアターでポップコーン片手に騒ぎながら観るのに相応しいかも?

投稿: 丹下段平 | 2006年12月26日 (火) 23時39分

>Ageha様

これからもどうぞよろしくです☆
サンプルで借りてから3ヶ月ちかく、部屋に放置してた作品(だってつまんなそうだったんだモン)だったので、まぁこんなもんか的感想になってしまいました。なかなかね~。(苦笑

>丹下段平様

お久しぶりです。
コメありがとう御座います。
女優人は演技派ですが、内容は確かにカルト級でしたよね。良くも悪くも…。難しいです。

投稿: ももも | 2006年12月27日 (水) 11時55分

こんばんは、はじめまして。
遅ればせながら、TBありがとうございました。

なるほど、確かに「アルバトロス作品」と思って観れば、かなり出来の良い作品ですね!w
私も、開始早々「あ、これは原作とは別物だ」と気付けましたので、なかなか楽しむことが出来ましたよ☆

投稿: lily-akari | 2006年12月28日 (木) 02時34分

>lily-akari様

「アルバトロス作品」を「アルバトロス作」として楽しめる方はきっと相当器の大きい方なんでしょうね☆私なんて文句いいながら観るか寝るかです。でもあの「ちゃちさ」がちょっと好きなんですよねー。

投稿: ももも | 2007年1月10日 (水) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/4683495

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う大天使(ミカエル):

» 樹里ちゃん主演『笑う大天使』とりあえずの感想(ネタバレなしのはず) [水田芙美子ことベスが好き! BLOG]
すでに舞台挨拶レポを書きましたが、昨日の7/15(土)、渋谷シネ・アミューズにて、上野樹里こと樹里ちゃん主演映画『笑う大天使<ミカエル>』(小田一生監督作品)を観てきました。 感想は…オチのアイディアもなくて(苦笑)... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 15時14分

» 笑う大天使<ミカエル>/上野樹里、関めぐみ、平愛梨 [カノンな日々]
連休最終日は無料招待券の使えるみなとみらいの109に行って来たんだけで、あまりの人の多さに卒倒しそうになりましたよ(笑)「ポケモン」「アンパンマン」のファミリィ動員力は恐るべしです。さらに「カーズ」「ブレイブストーリー」と2本のアニメがある上に「パイレーツ」と...... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 16時36分

» 猫かぶりのアークエンジェル~「笑う大天使(ミカエル)」~ [ペパーミントの魔術師]
うちは司城史緒。おかあちゃん亡きあと、 「僕は多分アナタの兄です」っていう殿下に引き取られ しかも聖ミカエル学園に編入することになってもた。 でもこの乙女の園、庶民のうちにはどーも性にあわんのや。 も~やってられへん。 家でもネコかぶり、外でもネコかぶり、 そ..... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 17時21分

» 笑う大天使 [B級パラダイス]
かなり昔に読んだことのある川原泉の漫画。でもこの漫画だけが読んだ覚えがない。いやもしかしたら読んでるかもしれなけれど、まったく覚えていないのかもしれない。まあそんなことはさておき、昔読んだことのある川... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 18時52分

» 笑う大天使(ミカエル) [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
川原泉の同名漫画 が原作です。 ストーリーは、大筋では原作をなぞっていますが、いろいろな部分をかなり大胆に変えています。そして、残念ながら、原作を変えた必然性に欠けたと思いますし、原作の魅力は伝えられていないように思えますし、原作以上の何かを見せてくれる作... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 23時33分

» 「笑う大天使(ミカエル)」 [古今東西座]
主演の上野樹里を始め、若手女優の有望株が多数出ているので観に行った。 原作は読んでいないので、予備知識は予告編のみであり、それを観る限りでは少女マンガをCGを駆使して見せている映画に興味が沸かなかった。はっきり言って出演者に魅力がなければ観なかっただろう作品である。 やはり映画の内容は思った通りで、現実味に欠ける展開過ぎて薄っぺらな印象。確かに超お嬢様が集まるミッションスクールは現実離れした世界で、そこに通うことになった普通の女の子という設定は面白いのだが、急に超能力が身についたり(またそこの見せ方... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 23時41分

» 笑う大天使(ミカエル) [のみものがかりのつぶやき]
というわけで、映画版「笑う大天使」です。 正直、期待4割・不安6割ってところだったんですが……。 だって、予告を観た限りでは、なんかCGとかちょっとアレな感じだったじゃないですかー。 どーかなーっ、とドキドキしつつ観に行ってきました。 ? まあ実際、原作の雰囲気... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 02時37分

» 『笑う大天使(ミカエル)』’06・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ母の死後、生き別れになっていた大金持ちの兄(伊勢谷友介)と再会し、聖ミカエル学園に転校してきた史緒(上野樹里)。庶民育ちの彼女は上流階級の生活に困惑するがひょんなことで“猫かぶり派”の和音(関めぐみ)や柚子(平愛梨)らと仲良くなる。そのころ、世...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 00時16分

« マインドハンター | トップページ | 秘密結社 鷹の爪 »