« グッドデザイン賞 music tap | トップページ | 不思議惑星 キン・ザ・ザ »

ブラインドホライズン

Photo_164 これも「ぽすれん」のお陰で観れました。
ヴァル・キルマーの「ブラインドホライズン」です。

記憶喪失に陥った男が、わずかな記憶の断片から大統領暗殺計画の存在を確信し、その阻止に奔走するサスペンス・スリラー。(allcinemaonline)

レンタル屋では以前よくみかけていて「面白い」というHPも何度か観てたんですが、パッケージに書いてある「イベントホライズン 44」という、この「44」が気になって借りれませんでした。描き方がまさに「24」だったので陳腐な空気が~…。(私が言うのもナンですけど)

パッケージに反して面白かったです。内容ちょっと先が読めちゃう感はあるものの、共演者がスゴい。エイミー・スマート(バタフライ・エフェクト)、サム・シェパード(アメリカ、家族のいる風景)、ネーヴ・キャンベル(スクリーム、ワイルドシングス)。どの映画も私のお気に入りばかりでビツクリ。でもちょっと寝ちゃった^^;

あとヴァル・キルマー、ラストで結局ヒーローぽくなっちゃったのは元スター役者(まだスター?)だからなの?でも、クリスチャン・スレーターだって「マインド・ハンター」でも「インビシブル2」でも"意外な"演出で驚かせてくれてるのにぃ~。

|

« グッドデザイン賞 music tap | トップページ | 不思議惑星 キン・ザ・ザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/5120885

この記事へのトラックバック一覧です: ブラインドホライズン:

» ブラインド・ホライズン:底の浅いミステリー 千代田公会堂 [気ままに映画日記☆]
記憶喪失の男が大統領暗殺の記憶の断片だけを覚えていて、謎にせまっていく映画。途中で結末が見えて、そのままの結末だったのは能がない。 それよりも、最初の記憶喪失で病院で起きた時のシーン、看護婦の会話が最後に生きてくるところはよかった。 どう見てもニセの婚約者..... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 23時44分

« グッドデザイン賞 music tap | トップページ | 不思議惑星 キン・ザ・ザ »