« ばかのハコ船 | トップページ | キリング・シャドー »

ウィスキー

Photo_176 ウルグアイ映画「ウィスキー」です。【ネタバレ有り】

ウルグアイのさびれた靴下工場。無口な工場経営者ハコボと逆さ言葉が得意の真面目な従業員マルタ、そしてブラジル仕込みの陽気な男エルマン。小さな嘘は人生を変える?

無愛想な顔をした独身中年のマルタが、ハコボの弟エルマンにほのかな恋心を抱くことで、彼女の人生が変わっていく…といったお話ですが、全編において、説明らしい説明の会話などは一切無いため、マルタが何でハコボの妻のマネをしなくてはならないのか、マルタは何を考えてるのか、それよりマルタは独身かどうかなど全てを「状況判断」と「観客の妄想」でしか推測できないので、かなり凝視して観ちゃいました。(あらすじを読まないから尚のことかも)

で、私が思ったのはマルタは初めハコボの事が多少好きなんだと思ったのと、エルマンは子供はいるが妻とはうまくいっていない(もしくはいない?)、マルタはエルマンの部屋でイチャイチャした!=マルタはエルマンが好きになるが遠回しに断られる。
そしてラストはブラジルに行かないで、家にいる! ハコボから「卒業」したマルタは1人、新たな人生に旅立つ。 んだと思いました。

ま、こういう作品ってあんまり細かくツッコむ映画じゃないと思いますけど、面白かったのでちょっとツッコミたくなります。

|

« ばかのハコ船 | トップページ | キリング・シャドー »

コメント

どうもこちらからのコメント、TBができされたりされなかったりです。
すみません。
何度か試みているのですが…
これも反映されるか不安であります。

投稿: 現象 | 2007年2月19日 (月) 00時01分

>現象様

いつもありがとうございます。
どうも最近に限ったことでは無いんですが、ココログのTB&コメが上手く稼働しないようです…。先週からココログサポートへ連絡して対応をとってもらっている最中です。御迷惑をおかけしてすみません。
私も他に乗り換えようかな…。グスン。

投稿: ももも | 2007年2月19日 (月) 14時20分

こんにちはw TBありがとうございます。
この映画、好きですわ。あっちのほうの映画って、
人肌温度なんですよね。
ぬるさがたまりません。
ハイミスの孤独と自由、いい感じで描けてました。

投稿: ルー | 2007年2月20日 (火) 08時37分

>ルー様

こちらこそありがとうございました!

この不器用なぬるさ、いいですよね。「ゆるい」というよりやっぱり「ぬるい」んですよね。いやいや良かったです。この映画。

投稿: ももも | 2007年2月20日 (火) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/5234657

この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキー:

» Whisky - ウィスキー [el rincón del aixa]
たまに疑問に思いますが、映画の「国籍」ってありますよね。これって何を基準に決めているんでしょうね。監督の国籍? ロケ地? 出資者の国籍? どなたかご存知の方がいたら教えて下さい。 何故こんな事を突然言うかと言うと、こ... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 22時10分

» ウィスキー【WHISKY】 [maimai's cinema land]
ウルグアイ映画日本初上陸! 前々から噂を聞いていたこの映画。なんでも、南米ウルグアイでは映画は60本くらいしか作られたことがなく、この映画が日本で初めてのウルグアイ映画なんだと。すごいね。 細々と靴下工場を営むハコボと、真面目さしかとりえのないような従業員マルタ。弟がブラジルから来ることになり、マルタに妻役を頼むハコボだが、それをきっかけにマルタの気持がどんどん変わっていく。化粧っけもなく、同じ事を淡々と繰り返す毎日。そんな毎日に、ハコボの「妻役」という非日常的な役割を与えられ、生き... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 23時37分

« ばかのハコ船 | トップページ | キリング・シャドー »