« 79回 アカデミー賞発表 速報 | トップページ | ワールドトレードセンター »

トゥモロー・ワールド

Children_of_men 「トゥモロー・ワールド」です。 【ちょっとネタバレ】

子供が誕生しなくなってしまった近未来を舞台に、人類存亡の“鍵”を巡る攻防を、製作費120億円を投じて描いたSFアクション巨編!出生率の低下、繰り返されるテロ活動…決して空想ではない真実の未来図を徹底したリアリズムと壮大なスケールで描く。

以前より評判は聞いていましたが、正直ここまで凄いとは想像していませんでした。私の直球ド真ん中映画です。まさに心臓をえぐられたような衝撃が走りました。

2027年の未来が舞台なんですが、いままで観てきた近未来のテクノチックな映像は、ほとんど無く、イギリス以外の国は全て崩壊し、残すイギリスでも「出生率0%」という人類滅亡の危機に瀕した世界が描かれています。
そして今のイギリスに瓦礫を足したような、内戦を起こしたような背景の映像から始まり、冒頭の「Children of men」のテロップの出し方についてもどこかで観たような…。

うんうん考えながら観てたら、主人公テオ(クレイブ・オーウェン)の親友が出てきてようやくわかりました。
これはフラワーチルドレン、ヒッピームーブメント、思想やデモや抗争、過激派、独裁政治や収容所や貧困といった、60~70~80年代を強く意識して折り込まれいると思いました。現にこの親友夫婦もヒッピーだし、テオも元活動家で、彼の元彼女(ジュリアン・ムーア)も現役の過激派の活動グループリーダーですし。そしてお話の中で重大な「ある事」が起こり、テオ達はそれを送り届けるため人間研究船「トゥモロー号」へと向かう訳ですが、この船は「ノアの箱船」のようにお話の中では大きな目標となってるわけです。

私が本作に凄く感銘を受けたのは、この内容以上にその抗争の「戦争風景」です。グロくなく、それでいて痛そうとかではないのにとにかく怖い。それもジリジリくる恐怖ではなく、もっと突発的に、あっけなく人が死んでいく様をこれでもかと見させられます。この冷酷かつ非道な風景に、私は凍り付いてしまいました。とにかく終始戦争を本当に目の当たりにしてる様な、緊張感と雰囲気に包まれます。
(この監督、前作では「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を撮った人みたいですが、思い起こせばハリポタでも「この監督、撮り方上手いなぁ」と感じてました 若いんだよね

こんなにグレーな風景なのに、とにかく、とにかくリアリティがあります。そして本当にその場で人が死んでいく様をみさせられてる感覚に陥りました。この描写力は凄い。

それと、最後の終わり方、いやいやあれはGOODです。問題の多い今の世の中「トゥモローワールド」のラストの様に小さな希望を残して…。

|

« 79回 アカデミー賞発表 速報 | トップページ | ワールドトレードセンター »

コメント

コメントありがとうございました。
もももさんの記事の通り(&ちょっと違う)風俗的に60年代後半から70年代前半の雰囲気で作られていました。ですからアメリカン・ニューシネマのようなタッチになっています。カメラは殆ど手持ちで、不安定な画面が臨場感を煽っています。
SFと言うよりもサスペンス映画として快作でした。
TBさせてもらいますね。

投稿: 丹下段平 | 2007年2月26日 (月) 23時55分

こんにちは!
いつもTBありがとうございます。
私のほうからも返させていただこうと思いつつ・・・なかなかうまくいかない・・・。
送信完了の状態にならないので、何回も送信ボタン押しちゃってるんですが、まさか重複して送られてしまっているってことはないですよね・・・?
ココログ同士って相性悪いんでしょうかね!?(そんなことあるのかな・・・)

ところで映画の話。
なんだか本当にありそうな世界でした。
社会不安の空気をひしひしと感じました。

投稿: チヒルカ | 2007年2月27日 (火) 02時06分

コメント、TBありがとうございます。
この映画は、すごかったですね。戦闘場面の迫力も群を抜いていました。
ジュリアン・ムーアやマイケル・ケインの扱い方にも驚かされました。
アメリカなどでは、日本よりも後での公開だったらしく、それも珍しいことだなあと思ったものです。

投稿: ボー・BJ・ジングルズ | 2007年2月27日 (火) 08時05分

>丹下段平様

こちらこそありがとうございました★
60年代後半~だったんですね。あの親友の写真がまるきりビートルズだったので80年代も入ってるのかな?と思ってしまいました。ご指摘ありがとう御座います。
手持ちカメラの割には、あまりブレが気にならなかったのはその描写が凄かったからでしょうか。何にせよ良い作品でした。

またお邪魔します^^

投稿: ももも | 2007年2月27日 (火) 09時18分

>チルヒカ 様

いつもお世話になっております☆

TBこちらは正常に入ってきておりました!
何なんでしょうねぇ。ココログ同士で上手く送れないっておかしいですよね。センターには届け出済みなんですが「調査します」というメールが来てから3日以上経っておりますが、未だ治ってないみたいです。御迷惑をおかけしますが、今後とも宜しくお願いします☆

暴徒化した民間人は本当に恐ろしいという事を目の当たりにさせられた作品でした。

またお邪魔させて下さい!

投稿: ももも | 2007年2月27日 (火) 09時23分

>ボー・BJ・ジングルズ 様

こちらこそありがとうございました★
この作品、こんなに良い出来映えなのになぜスルーされてるのでしょうね?振り返ってみても、それぞれの演技から、未来への様々な願いを垣間見れた気がしてなりません。

またお邪魔させて下さい!

投稿: ももも | 2007年2月27日 (火) 09時26分

おひさしぶりです。
未来の希望を送り届けるために幾人もの人があっけなく死にながらリレーしていく描写がスゴイですね。
なぜ子どもが生まれなくなったかなどの設定があいまいで、現実感がないという意見もあったようですが、映画のリアリティは十分盛り込まれてたと思いますね。
TBありがとうございました。

投稿: とりこぷてら | 2007年2月27日 (火) 16時24分

こんにちは!TB&コメントありがとうございました!

絶望的な未来世界の描写と神がかり的な撮影術が見事に融合した傑作でしたね。近年のSF映画では一番の出来なのではないでしょうか。

投稿: えめきん | 2007年2月28日 (水) 07時03分

>とりこぷてら様

お久しぶりです☆
この映画は細かい設定より伝えるべきテーマを重視したのだと思いました。いやいや見応えのある作品でしたよね☆

またお邪魔させてください!

投稿: ももも | 2007年2月28日 (水) 11時49分

>えめきん様

いつもお世話になります☆
本作の完成度は本当に凄いと思います。いや、良い映画を観させて頂きました!

またお邪魔します!

投稿: ももも | 2007年2月28日 (水) 13時29分

TBありがとうございました!確かに、厳しい描写もないのに、じりじりと迫り来る軍隊や、銃弾網を抜けていく緊張感は、一級品ですよね。この監督、今後が楽しみです。JJアブラハムと同じくらい最近だといい監督ですねー。

投稿: koma | 2007年3月 1日 (木) 00時20分

>koma様

こちらこそありがとうございました★
本当に面白かったです!それはそうとJJアブラハムとはどんな監督なのでしょう…?検索したけどわからなかったです~;;

またお邪魔させて下さい!

投稿: ももも | 2007年3月 1日 (木) 14時28分

こんにちは。TB&コメントありがとうございます。
ジュリアン・ムーアの退場が早すぎガッカリだったです。
主演女優だと思ってたんだけど...。

投稿: もじゃ | 2007年3月 4日 (日) 17時42分

>もじゃ様

いつもお世話になってます☆
ジュリアンのあの扱いは驚きました。もう少し役立つのかと…

投稿: ももも | 2007年3月 5日 (月) 15時03分

ももも様 ただ今TBが出来ないようなので(最近ロリポップは至る所ではじかれてます)
コメントだけでもさせて頂きます。
これ いい映画だと思います。
映像も丁寧できれいだし、脚本もキャストもいいです。
立派な映画なのに、私のアホな先入観がぁぁぁ
時間をおいてもう一度観ないとダメですね。

投稿: Lance | 2007年7月 6日 (金) 00時53分

>Lance様

こちらにもありがとうございました!
十分SFですけどね。私の勘違いに比べれば…^^;

投稿: ももも | 2007年7月12日 (木) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/5495345

この記事へのトラックバック一覧です: トゥモロー・ワールド:

» 「トゥモロー・ワールド」 [the borderland ]
潔い作品だと思います。 状況説明は一切せずに、事件に巻き込まれていく主人公セオ(クライヴ・オーウェン)の視点で臨場感たっぷりに描き切りました。「なんで子供が生まれないの?」「じゃぁ、あの娘はどうして妊娠したの?」「ヒューマン・プロジェクト、この怪しい組織って何?」とか、知りたいこと山積みなのは、本来は好きではないのですが、ドキメンタリータッチの映像に目が釘付けになりました。 【ネタバレです】 評判の「ラストの長回し」は、劇場で観れて良かったと思うほど迫力あり!血糊がカメラに付着してるの... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 22時37分

» 「トゥモロー・ワールド」 [古今東西座]
これはまさに拾い物。いや、そこそこヒットしているみたいなので、拾い物という表現は間違っているのかもしれないが、自分的にはそんな感じであった。実はシネコンで『カジノロワイヤル』を観るつもりで出掛けたのだが、思ったよりも随分早く着いてしまい、待ち時間が勿体無かったため、急遽上映時間が迫っていた『トゥモロー・ワールド』に変更したのだった。一応予告編は観ていたのだが、面白そうではあったものの、今ひとつ「どうしても観たい」という気持ちまでいかなかったため見送っていたが、これも何かの機会と思いチケットを買った。... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 23時57分

» トゥモロー・ワールド [映画の国のチヒルカ]
お気に入り度 ★★★★☆ こんな話 2027年、既に18年もの間、人類には子供が誕生していない。エネルギー省に勤めるセオは、かつての妻で、現在は反政府組織FISHのリーダーであるジュリアンに拉致され、... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 01時59分

» 「トゥモロー・ワールド」 [或る日の出来事]
なんといっても衝撃的だったのは、主演のクライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーアたちが襲われる場面。(ネタばれになるので詳しくは書かないが。) 多くの観客の意表を突くであろうストーリー進行で、唖然としてしまった... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 07時42分

» 映画/トゥモロー・ワールド [  サ バ ペ]
映画「トゥモローワールド」 原題:CHILDREN OF MEN 監督:アルフォンソ・キュアロン 原作:P.D.ジェイムズ 出演:クライヴ・オーウェン,ジュリアン・ムーア    キウェテル・イジョフォー,マイケル・ケイン... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 16時17分

» 「トゥモロー・ワールド」 (2006) [とりあえず生態学+]
そう、ジュリアン・ムーアはフォーガットンの後、もう一回子供亡くしたのね…   トゥモロー・ワールド CHIRDREN OF MEN 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/イギリス 上映時間 109分 監督 アルフォンソ・キュアロ... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 16時24分

» 『トゥモローワールド』洋画SF [自分いぢり]
近未来、なぞの原因で生殖機能を失っい十数年がたつ人類。 数少ないティーンエイジャーの死が、世界中のトップニュースとして駆け巡る。 世界は荒廃の極みに達していた。 そんな中、唯一まともな国として残っているのが舞台となるイギリス。 しかし、そのイギリスもテロ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 16時45分

» [ トゥモロー・ワールド ]セオの目を通して見た世界、109分 [アロハ坊主の日がな一日]
[ トゥモロー・ワールド ]を吉祥寺で鑑賞。 上映期間は、たぶん1ヶ月もなかったかもしれない。 [ 父親たちの星条旗 ] [ プラダを着た悪魔 ] [ 007カジノ・ロワイヤル ]など他の作品が注目されすぎて、目立たなかったかも・・・。しかし敬遠するには、惜しい作品です。 ・・・とはいっても、もう劇場での上映は終了しているので、気になったらDVDでどうぞ。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 02時13分

» トゥモロー・ワールド [5125年映画の旅]
西暦2027年。人類には18年間、新生児が誕生していなかった。世界は荒廃し、唯一正常な社会体制を維持しているイギリスには難民が押し寄せていた。ある日、エネルギー省に勤めるセオは、地下組織のリーダーであるかつての妻・ジュリアンと再会する。彼女はセオに、あ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 06時54分

» トゥモロー・ワールド [ぶっちゃけ…独り言?]
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う〜ん、意味不明・・・ これは一体どこで楽しむ映画なんですかねぇ。 設定は面白いと思うし、結構興味深々で、そこからどー膨らませてるのかを楽しみ にしてたんですけど・・・ 何か、そんな事はどーでも良くて、もの凄く大雑把に言ってしまえば、単に敵(?) から逃げるだけの映画だったかと・・・ ま、もしかしたら根底に深い�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 05時13分

» 127.トゥモロー・ワールド [レザボアCATs]
2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。そこが、逆にとても恐ろしい感じがする。最後は、とても感動....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 05時54分

» 【 トゥモロー・ワールド 】 [もじゃ映画メモメモ]
18年間子供が生まれない状況が続いている2027年の世界。再会した元妻から人類の未来の鍵となる少女の救出を頼まれる主人公を描く近未来SFサスペンス。 うん、多分観た人はたいがい凄いと言うと思う、クライマックスの8分間。ハンディカメラでのワンショット撮影は臨場...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 17時25分

» トゥモロー・ワールド 07078 [猫姫じゃ]
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン キウェテル・イジョフォー クレア=ホープ・アシティ チャーリー・ハナム う〜ん、、、...... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 12時51分

« 79回 アカデミー賞発表 速報 | トップページ | ワールドトレードセンター »