« モルタデロとフィレモン | トップページ | ローズ・イン・タイドランド »

エンジェル・オブ・デス -ワイヤー・イン・ザ・ブラッド-

Photo_169 ~ワイヤー・イン・ザ・ブラッド~

もう私の中で何シリーズの何話目なんか関係なくなってます。本当に前後のつながりがほぼ皆無のこの作品。

「エンジェル・オブ・デス」です。

救急病棟で謎の突然死が連続して起こるようになり、犯罪心理学教授のトニーと警部のキャロルはいろいろな証拠から「この犯人は原理主義者(イスラム教徒)だ」と断定する。するとそれを聞いた政府の軍人は「これはテロに関係する」と言い始め、自体は最悪の動きを見せる…。

今回のトニーはいつにも増して熱くなってます。
そして私の頭脳は相変わらずトニーの考えを全く読めず、相変わらずラストに驚かされます。す、すごいぞトニー!

特筆すべきは、この回でのトニーとキャロルの間柄。
前回観た「バッドシード」や「9PM」に比べお互いを意識していない感じでした。まだまだ恋に発展していないって事だね。以上、独り言でした^^;

それにしてもイギリス英語って、こうどうして単語で会話してるように聞こえちゃうのでしょうか。なんとなく演技がヘタに見えるのは私だけかな。

|

« モルタデロとフィレモン | トップページ | ローズ・イン・タイドランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/5164318

この記事へのトラックバック一覧です: エンジェル・オブ・デス -ワイヤー・イン・ザ・ブラッド-:

« モルタデロとフィレモン | トップページ | ローズ・イン・タイドランド »