« ●指定型バトン● | トップページ | カポーティ »

ザ・ケイヴ

Photo_209 地獄の変異じゃない方の「ザ・ケイヴ」です。

中央アジアの砂漠キジルクム。男女8人が目指すのは闇に閉ざされた未知の空間、巨大洞穴。ケーヴィング(洞窟探検)技術に熟練した彼らは数十メートルある縦穴を降り、横穴へと進入。しかし、ガイドの一人が何者かに惨殺されパニックに陥る。そして、出発地点へと戻るがそこに待ち受けていたのは、地上で待機していたブラッドの死と洞穴を覆う大きな岩だった。残り6人は横穴が地上に通じていると信じ暗黒の迷路を前進するが…。(映画生活)

同じ洞窟物として、最近「地獄の変異」「ディセント」を見ましたが、その中でも「ザ・ケイヴ」、いいですね。私は一番好きかも知れません。

映像が終始ブレまくってるのが気になりますが、それよりも物語の展開がなかなか秀逸です。目新しい部分というのは特に無いですが、明らかに前者2作よりも興味をそそられる演出がちりばめられています。特に「洞窟に棲む者」の全体像が全く見えず、やっとみえたーと思ったら驚きのラストて突入!!
あのラストシーンで完璧に他へ放り投げられたような感覚に陥りました。

久々の掘り出し物ゲット!です★

|

« ●指定型バトン● | トップページ | カポーティ »

コメント

こんばんは!いつもありがとうございます!
ラストの行為、すごかったですよねぇ、、、びっくりしました。
あれは、好きです!
でも、評価悪いんですよねぇ、、、
おかしいなぁ、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007年3月23日 (金) 19時43分

サスペンス調で面白そうですね!
それにしても毎日のように映画鑑賞、すごいですね(@_@)
リンクを貼らせてもらっちゃいました!
かまわないでしょうか・・・?

投稿: まさみ | 2007年3月23日 (金) 19時50分

こんにちは、TBコメントありがとう、早速エコーさせてもらいます

私は「ディセント」のほうが好きなんです。でもラストに関しては
こちらのほうが「ありえない」ので好きです(^^;

投稿: せつら | 2007年3月25日 (日) 12時08分

>猫姫少佐現品限り様

こちらこそいつもお世話になっております!

そうなんですよねぇ。結構支持率悪いですよね…。
でもあのラストはかなり買いですよね!

投稿: ももも | 2007年3月28日 (水) 15時43分

>まさみ様

どうぞどうぞ!こんなページでよければ貼ってやって下さい★
私もちょくちょくお邪魔させて頂きます^^
私も大きめピアスは大好きです~♪

投稿: ももも | 2007年3月28日 (水) 15時46分

>せつら様

こんにちは★いつもお世話になっております!

「ディセント」もいいですねぇ。あの「地獄の黙示録オンナバージョン」のシーンには笑ってしまいましたがよい映画でした。

またお邪魔させて下さい!

投稿: ももも | 2007年3月28日 (水) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/5787250

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ケイヴ:

» ザ・ケイヴ 07054 [猫姫じゃ]
ザ・ケイヴ WIthIN 2005年   オラントゥンデ・オスサンミ 監督シビル・テムチェン オギ−・ダーハム ムスタファ・シャイカー ディセント に続くケイヴィングホラー2本目! この暗さは、良かった! ディセントの時には、地底の洞窟なのに明か...... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 19時37分

» 『ザ・ケイヴ』 [La.La.La]
 制作年:2005年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場未公開  上映時間:81分  原作:  配給:彩プロ  監督:オラトゥンデ・オスサミン  主演:シビル・テムチェン     オギー・ダーハム     ムスタファ・シャイカー 中央アジアの広大な砂漠・ギジルクムにて洞窟探険を行う 男女8人。しかし、好奇心に満ちた探険はガイドが何者か に殺害されたことで一変する... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 12時05分

« ●指定型バトン● | トップページ | カポーティ »