« ハンニバル ライジング | トップページ | フィレーネのキライなこと »

サイレントノイズ

Photo_226 アメリカ発心霊映画「サイレントノイズ」です。
心霊物は胎教に良くないんだけど…まいっか。

建築家のジョナサンを襲った、妻・アンナの死。悲しみにくれる彼の前に現れた謎の男がEVPで録音されたアンナの声を聞いたと告げる。最初は気にしなかったジョナサンだが、EVPに関わった人々の不可解な殺人事件や怪奇現象が続発し、とりつかれたようにEVPにのめり込んで行くが…。(映画生活)

本作、驚くほど映像がクリアです。映像が鮮明で尚かつシーンの撮り方によって非常に緊迫感が出てます。湧き立つこの緊張感に、冒頭から少しゾクゾクしてしまいました。こりゃー内容によっては面白くなるな!と。

しかし…、映像でどれだけ緊張感を与えようとも、アメリカの「心霊映画」にはどこか限りがあるようで、どうしても霊の不可解かつその底知れぬ闇の深さを奥まで覗くことが出来ず、不可解は不可解のままで終わってしまいました。主人公ジョナサン(マイケル・キートン)が、妻との交信の際に時折現れる3人の悪霊(死神?)と対峙していくワケですが、この辺の描き方が実に曖昧。しかもあのラスト…。
先が読めるはずの妻アンナが、何故ジョナサンの行く末を防ごうとしなかったのか。もしくは何故防げなかったのか、この辺がよくわかりません。それとも、アンナはそれを望んでた…??ん~それにしても腑に落ちない点が多いな…。

関係ないですがマイケル・キートンのおクチが赤ちゃんみたいなのが可愛かったです。

|

« ハンニバル ライジング | トップページ | フィレーネのキライなこと »

コメント

前半70点、後半25点という感じですね。
これほど広範で破綻してしまった映画というのも珍しいです。
大体奥さんの霊は何をさせたかったのか・・・

投稿: ノラネコ | 2007年4月25日 (水) 01時31分

>トラネコ様

こんにちは。いつもお世話になっております!

ほんと、あの奥さん霊は何をさせたかったのか全くわかりませんでした。デボラが出てる映画はどれも好きだったので残念です。

投稿: ももも | 2007年4月25日 (水) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/6195184

この記事へのトラックバック一覧です: サイレントノイズ:

» [Review] サイレントノイズ [Diary of Cyber]
【Electronic Voice Phenomena】 通称EVP。日本語名では電磁音声伝達現象。 近代的な電子機器が発する静電磁波を媒体として、死者が生者に音声やイメージを伝達する現象。 トーマス・エジソンは、霊界との交信の手段を見出すために、通信手段となりうる装置の開発に日夜明け暮れていた。時を越えて、全世界に散らばるAV機器から死者のメッセージを受信したという報告が相次ぐ。単なる幻聴か、それとも本当に死者からのメッセージなのか。 「死んだ大切な人の顔を、姿を、もう一度... [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 11時55分

» サイレントノイズ・・・・・評価額850円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
う〜む・・・、作り方によってはそれなりに美味しくなりそうな素材だったけれど、シェフが途中でレシピを間違ってしまった様な作品。 感動系オカルトかと思いきや、途中から全く別の方向へ行ってしまった。 あまりにも唐... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 01時29分

» 『サイレント・ノイズ』 [映像と音は言葉にできないけれど]
原題は「ホワイト・ノイズ」。俗に言う雑音です。テレビでは砂嵐の音ですよね。この映画は複数の周波数が混在した雑音の世界において、通常はありえない音声を拾い上げると言ったようなEVP(電磁音声伝達現象)を題材にしたものです。... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 22時34分

» サイレントノイズ [映画鑑賞★日記・・・]
【WHITENOISE:2006/09/16】製作国:カナダ/イギリス/アメリカ監督:ジェフリー・サックス出演:マイケル・キートン、チャンドラ・ウェスト、デボラ・カーラ・アンガー、イアン・マクニース、サラ・ストレンジ建築家のジョナサン・リバースは再婚した妻アンナと前妻の子供....... [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金) 13時00分

» ホワイトノイズ [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
バットマンを演じたマイケル・キートン主演 邦題がサイレントノイズになり 2006年9月に公開されるようです [画像] ホワイトノイズとは、不規則に上下に振動する波のことで TVの放送終了後のザーっと白い画面がちらつく映像がそれらしい 題材に興味があり観てみました 前半ホワイトノイズのダラダラした説明 後半はどうなるかと・・・しかし曖昧のまま終わってしまった ホワイトノイズは謎のまま 犯人が出てくるが関わりも曖昧 盛り上がりシーンも曖昧 なんとも中途半端な映画です 恐さもほとんど無し ピンボ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 09時30分

» 「サイレントノイズ」映画 感想 [Wilderlandwandar]
先日なんとなく見に行った(XMEN以降数週面白そうな新公開作品も無いので)、単館 [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 19時45分

« ハンニバル ライジング | トップページ | フィレーネのキライなこと »