« ゾディアック | トップページ | D.O.A デッドオアアライブ »

武士の一分

Photo_257 「武士の一分」です。

毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほどの病気を負い、武士として役に立たない体になってしまい…。(映画生活)

「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」と、藤沢周平3部作の最後です。
「たそがれ~」で貧乏武士の心に秘めた強い武士魂に感動し、「隠し剣~」で単なるエンターテイメント映画として肩すかしを喰らった後の本作。さほど期待はしていませんでしたが、ぶっちゃけ「やっぱこんなもんか」という感想を抱いてしまいました。

キムタク演じる下級武士新之丞、前半は新鮮で良かったですが、後半の真剣勝負となるとどうも空気が張りつめず、単なるTVドラマを観ている気分になってしまいました。残念。

しかし大好きな山田洋次監督なだけあって、相変わらずご飯がおいしそう。(笑)
徳平が食べるお新香もナスの味噌煮も質素だけど、とても美味そうでした。イモガラの煮物は私も大好き!でもなかなか手に入らないんですよ。
脇を固める俳優陣もいいですね。それぞれの個性をフルに使っています。

|

« ゾディアック | トップページ | D.O.A デッドオアアライブ »

コメント

こんばんは!いつもありがとうございます!
あたしはだめ。
このお話は、ひどすぎます。
この夫婦の、先のことが心配です。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007年6月19日 (火) 23時22分

>猫姫少佐現品限り様

こんにちは☆いつもお世話になっております。
私もあまり満足できた作品ではなかったです。
途中からもうTVドラマに見えてしまって、いつCMが入るかと思うほどに…。キムタク、がんばっていたのはわかるんですけど…。

また宜しくお願いします!

投稿: ももも | 2007年6月20日 (水) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/6837682

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

» 片手間副業で月収273万円をらくらく稼いだ方法 [ノーリスクな副業で副収入を稼ぐ!]
片手間副業で月収273万円をらくらく稼いだ方法 [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 14時59分

» 武士の一分 [Akira's VOICE]
シンプルでも奥深いラブストーリー。 でがんす。 [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 15時02分

» 武士の一分 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
いかにもといった感じの娯楽時代劇でした。ごくオーソドックスな展開で、それなりに楽しめます。 「武士の一分」とは、何だったのか。それは、形は違えど、新之丞にも島田にもあったもの。新之丞は、「武士の一分」のために、島田と闘いました。自分の生活が妻の付議により支え... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 20時52分

» 武士の一分 07019 [猫姫じゃ]
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、もっと....... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 23時15分

» 【劇場鑑賞135】武士の一分 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
『ともに死するをもって、心となす。勝ちはその中にあり。必死すなわち生くるなり。』 人には命をかけても守らねばならない一分がある。 [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 00時05分

» 『武士の一分』 [ふつうの生活 ふつうのパラダイス]
十何年も主婦業やってると、どうもやっぱり飽きてきて、だれてきて、いい加減になってきて手抜きになってきて、なんだかつまんないなあ、もっと意味のある仕事やりたいなあ、なんてそんな風に思い始めるもんです。掃除とか片付けとか、だんだん手抜きになってきまして。特...... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 07時55分

» 「武士の一分」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「武士の一分」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小・稔侍、緒形揃、・井かおり、坂東三津五郎、他 *監督:山田洋次 *原作:藤沢周平 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待..... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 11時40分

« ゾディアック | トップページ | D.O.A デッドオアアライブ »