« 用心棒 | トップページ | ワサップ! »

見つめる女

Photo_249 イタリア映画祭出品作。「見つめる女」です。

トリノに住み同時通訳の仕事をするヴァレリアは、向いに住む男・マッシモに恋をしていた。窓から彼の観察する事が彼女の唯一のたのしみであった。
ある日彼の同時通訳を務めた事をきっかけに急接近を始め、彼がローマに引越したと知ると自らも列車に乗って…ひとりの女性の恋の行方と、微妙な心の動きを映像からも表現された作品。(asahi.com)

私、こういうジトーッとした内向的な恋愛映画結構好きです。同じようにほとんどしゃべらないヒロインの「リード・マイ・リップス」や「ウィスキー」もお気に入りの映画でしたし。
パオロ・フランキ監督の作品はこれが初めてですが、終わるまでフランス映画かと思うほど雲の晴れない作品でした。こういう暗さ、大好き!(笑)

隣のアパートに住む彼を追って、トリノからローマまで移住したあげく、彼の生活に介入し、彼女の助手にまでなってしまうヒロインのヴァレリアですが、せっかくのチャンスも自らの罪悪感により逃してしまいます…。
印象深いシーンはやはり彼女とHしている最中のマッシモの心変わりでしょう。「続けて」とせがむ彼女フラヴィアを見つめるマッシモの目がどんどん冷めていくのが手に取るようにわかる…。とても残酷なシーンです。

肝心のヴァレリアが、最後の最後でマッシモと付き合わなかったのは、嘘をついてコソコソ追いかけ回している自分への嫌悪感、そしてフラヴィアとマッシモを心から別れて欲しいと願った行為が現実となり、フラヴィアへの罪悪感と「届かない相手」だった彼が、振り向いたことで急に冷めた?もしくは「そこまで望んでいなかった(?)」のではと思いました。あとは、アレですね、フラヴィアがいい人すぎたんでしょう(笑)。ほんと、彼女は良くできた人です。綺麗だし未亡人だし犯罪心理学の大学教授だし。

個人的にはヴァレリアの職業である「同時通訳」という特殊能力をもっと映画に生かしてくれれば、もっと面白かったのに。と思ってしまいましたが、これはサスペンスじゃなくて恋愛映画だから、やっぱこれでいいのかも。ネットリしていて面白かったです★

|

« 用心棒 | トップページ | ワサップ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/6744357

この記事へのトラックバック一覧です: 見つめる女:

» 「見つめる女」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「La spettatrice」...aka「The spectator」2004 イタリア 2006年イタリア映画祭で上映された作品。 シアターで公開されずにいきなりDVDとなった。 監督、脚本はパオロ・フランキ。 物語は北イタリア、トリノの街から始まる。 窓越しに見つめる“隣の女”ならぬ“向かいの女”。 向かいのマッシモ(アンドレア・レンツィ)に一方的な恋をするヴァレリア(バルボラ・ボブローヴァ)のラヴ・ストーリー。 毎日窓越しにマッシモを見つめることで満足しているヴァレリアだが、... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 23時49分

» 見つめる女 La spectatrice [複数にして単数の映画日記]
   イタリアの新鋭、パオロ・フランキ監督の長編第一作。 2004年の作品、イタリア映画祭2006で公開された。  主演バルボラ・ボブローヴァ、アンドレア・レンツィ、 ブリジット・カティヨン。カメラは「息子の部屋」(ナンニ・ モレッティ)... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 23時58分

» 見つめる女 la spettatrice [私のイタリア映画紀行]
そろそろ、イタリア映画祭の作品を振り返っていきましょう(遅いよ!) 見つめる女 la spettatrice (2004) あらすじ トリノに住む26歳のヴァレリアは、あるとき通訳の仕事で出会った医師マッシモに一目惚れをしてしまう。そして仕事も捨てて放り投げてマッシモを追って..... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 10時08分

» ダイハード4 予告 [ダイハード4画像・動画・壁紙]
ダイハード4 の予告です。(最初スコシ広告がはいります)↓ココ!「ぶっ殺して娘を奪い返す!」かっこいい、親父さんす!ブルースウィリス! [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 20時54分

» 「シックス・センス (The Sixth Sense)」(しっくすせんす) ブルース・ウィリス(ぶるーすうぃりす、ブルース・ウィルス) [映画村]
「シックス・センス (The Sixth Sense)」(しっくすせんす)ブルース・ウィリス(ぶるーすうぃりす、ブルース・ウィルス)「シックス・センス (The Sixth Sense)」(しっくすせんす)は息子と一緒に見に行ったのですが、ジーンと来ながら『良いもの見せてやれて良かっ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 15時29分

« 用心棒 | トップページ | ワサップ! »