« インファナル・アフェアⅡ | トップページ | モンスターハウス »

イカとクジラ

Photo_261 「イカとクジラ」です。

夫婦揃って作家というスノッブな両親が突然の離婚。子供たちの心配は「猫はどうするの?」(gagaより)

本作の監督は「ザ・ロイヤルテネンバウム」のウェス・アンダーソン監督が認めた新進気鋭の監督だそうですが、私、そういや「ザ・ロイヤルテネンバウム」嫌いなんだよね…^^;
そんな不安を抱きつつ鑑賞しましたが、やはりアンダーソンぽい作風にちょっとうんざりしてしまいました。
登場する主家族は普通にダサくて、別居が決まった途端浮気する両親と、マジメな息子達のかわいげのない反抗態度に全く興味が沸かなかったです。
それと特有とも言えるこの動きのないカメラワーク。しかも、いちいちしゃべる人間の顔をアップにする昔っぽい技法は本当に私苦手…。

ラストで「イカとクジラ」について出てくる以外はあまり面白い物ではありませんでした。
子役二人は良い演技だったと思います。

ウェス・アンダーソンが好きな人限定な映画では…。

|

« インファナル・アフェアⅡ | トップページ | モンスターハウス »

コメント

もももさんこんにちは。
実は僕はウェス・アンダーソンの作品を観てないんですよね。この映画は気に入ってるので、ウェスの作品も観てみます。似た感じなら多分大丈夫かな、と…。

投稿: 丹下段平 | 2007年6月26日 (火) 03時26分

>丹下段平様

こんにちは!いつもお世話になっております。
本作「面白くなかった」というワケでは決して無いのですが(視点は終盤はとても好き)いかんせんこのカメラアングルとダサい夫婦の恰好が…どうも…苦手で…。

ウェス映画はコメディが主ですが、本作の淡々とした感じはとてもよく似ていると思いました。気に入るといいですが☆

またお邪魔します!

投稿: ももも | 2007年6月26日 (火) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/6920216

この記事へのトラックバック一覧です: イカとクジラ:

» イカとクジラ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
突然、離婚した夫婦、そして、そのことによる環境の変化に戸惑う二人の息子。それぞれの独身生活を謳歌する両親は、息子たちに現れてくる異常行動に気付く余裕もありません。 親の離婚が、その子どもの心にどんな変化をもたらすか...。「両親の離婚」という出来事を子どもの... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 20時13分

» 「イカとクジラ」 [或る日の出来事]
この映画は昨年度の映画賞レースで、脚本賞などをよく受賞していた。 “THE SQUID AND THE WHALE”というタイトルが「イカとクジラ」という意味だと知って、変な題名だなあと思ったものだ。 「イカとクジラ」は、ニュ... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 22時14分

» 「イカとクジラ」 [古今東西座]
この映画も「好き」か「嫌い」かがはっきり分かれる、客を選ぶタイプの作品ではなかろうか。観た人によって「面白かった」あるいは「特に何も起こらず退屈だった」と両極端な意見に分かれそう。僕は「面白かった」し「好き」なタイプの映画。行った事はないけれど、いかにもニューヨーカーな一家の家庭崩壊劇。とは言っても軽いタッチで描かれており、さほど深刻な雰囲気はない。 父・母・兄(ウォルト)・弟の4人家族でテニスは一家揃ってやるものの、家族の絆はあまり感じられない。夫婦揃って作家であるが、父の書く小説は難解で、出版社... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 03時27分

» 『イカとクジラ』 7P [OL映画でいやし生活]
私的オススメ度:7P2006年のアカデミー脚本賞にノミネートされていた作品で、昨年から上映されてましたが、見た人の評判がすこぶるいいので、機会があったらみたいなーと思っていた作品。新宿の武蔵野館でレイトショーが始まったので会社の帰りに先輩と一緒にいきま...... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 00時37分

« インファナル・アフェアⅡ | トップページ | モンスターハウス »