« MIXTAPE ミックステープ | トップページ | クライングドール ~ワイヤー・イン・ザ・ブラッド~ »

シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ

--とりあえず更新できなかった日数分(10本以上!)をたらたら書いていきマース--Photo_276

「シー・ノー・イーブル 肉鉤のいけにえ」です。

舞台は老朽化が著しい、閉鎖されたホテル。減刑と引き換えに修繕の労働奉仕をすることになったティーンの犯罪者8人が、そこで週末を過ごすことに。彼らと二人の監察官、ホテルの女主人以外に、そこには誰もいないはずだった。しかしそこには何者かが潜んでいた!(映画生活)

WWEプロレスのゴツ顔「ケイン」が悪者としてホラーに出るという事で、相当怖いキャラなのかと思って少し期待しすぎてしまった様です…。
案外普通のホラー…、強いて言うなら
トビー・フーパーの「ツール・ボックス・マーダー」に似たシーンがいくつかある。そんなスプラッタホラーでした。(あれは普通か?)

ケインって、目は怖いですが口元がちょっとキュートなうえ演技も今ひとつ(これがイタイなぁ)なので、予想していた残忍さがちょっと感じられなかったです。
それでも鉤(かぎ)のついたチェーンを振り周し、若者の背中に「グサッ」と刺して引っ張るシーンは流石だわ~☆←?

ただ話が進むに連れて、ちょっと破綻している箇所?というかムリのある箇所?というか「どっかでみたような展開」なんかがあって失速気味な後半でした。いえ、パクってる分には別にいいんですがそのパクり方に、面白味が無いのが欠点だったような気がします。

しかも生き残ったのがダメ人間の○○なのが…何とも個人的には納得がいかない…。
ホラーだったらこいつはラストでペッチャンコになって死ぬ運命なのでは~?(苦笑)

|

« MIXTAPE ミックステープ | トップページ | クライングドール ~ワイヤー・イン・ザ・ブラッド~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/7212711

この記事へのトラックバック一覧です: シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ:

» シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ (See No Evil) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 グレゴリー・ダーク 主演 ケイン 2006年 アメリカ映画 84分 ホラー 採点★★★ いつの間にやら“監禁されて惨殺される映画”全般を“ソウっぽい”映画として括られるようになってきた今日この頃。まぁ『ソウ2』や『ソウ3』はいいとしても、そもそも『ソウ』ってそれ..... [続きを読む]

受信: 2007年7月20日 (金) 22時24分

» 瞳の中に悪魔が見える [CINECHANの映画感想]
8「シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ」(アメリカ)  警官時代、殺人鬼ジェイコブと出くわし負傷したウィリアム。4年後、彼は未成年の刑務所の教官の職に就いていた。そこで服役中の若者8人が、減刑を得るため閉鎖されたホテルで修繕活動を行うことになり、週末をそのホテルで過ごすことに。しかし、無人と思われたホテルには恐るべき殺人者ジェイコブが潜んでいた。  夜も更けた頃、ジェイコブは鉄の肉鉤をチェーンに着け、振り回し、若者たちを捕まえる。そして彼の残虐な行動、殺戮が始まる。... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 11時33分

« MIXTAPE ミックステープ | トップページ | クライングドール ~ワイヤー・イン・ザ・ブラッド~ »