« ハリーポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »

デート・ウィズ・ドリュー

--とりあえず更新できなかった日数分(10本以上!)をたらたら書いていきマース--

Photo_280 「デート・ウィズ・ドリュー」です。

ハリウッドスターとデートすること。そんな壮大な夢に挑んだ“一般人”がいた――。『チャーリーズ・エンジェル フル・スロットル』などで知られるドリュー・バリモアにデートを挑んだ青年ブライアン・ハーズリンガーは、クイズ番組で得た賞金1,100ドルだけを使い、わずか30日でドリューとデートするという無謀にも思えるプロジェクトに挑戦する。友人たちのコネクションを使い、ドリューにまつわるあらゆる人たちに接触を試みるブライアン。やがて「チャーリーズ・エンジェル」のプレミア・パーティーに潜入を計画するが……。果たしてブライアンは憧れのドリューとのデートを実現させることができるのだろうか。 (映画生活)

あれこれと本作についての感想を文章にしてみるものの、すっきりとしたモノが書けずうんうん唸ってしまいました。
面白くなかったとかじゃないんです…ぶっちゃけてしまえば、
申し訳ないんですけど「このブライアンの顔が苦手!(もの凄い身勝手でスミマセン…)」なんですよ^^;
だからどーしても感情移入が…。はい。

それでも面白かった部分は、「自分をアピールする」という理由で作ったプロフィールビデオです。あのよく聞く予告の人がナレーターをやってくれて、しかも「面白かったから(ギャラは)タダでいいよ」と言ってくれた気前の良さにも、心地よさを感じた瞬間ではありました。それとブライアンの母親の、バリモアへ対する「ビッチ発言」も笑えました。しかし私もバリモアは好きですよ。

でもやっぱり、本作については評価とか出来ないです…。
この映画を好きな人、身勝手言ってしまってすみません…。

|

« ハリーポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »

コメント

こんばんは!

僕この映画大好きなんですよね。「諦めなければ夢は叶う」って背中を押してもらったような気分になれます。

予告のナレーターの人は良かったですね。あの人の素顔が観れたのもこの映画のいい所でした。

投稿: えめきん | 2007年7月23日 (月) 23時48分

もももさん、ブライアン君がダメでしたか~。
結構濃い顔ですからね。へらへらしてるし…。
僕はあの顔とやってる事がマッチしてたように思えました。あのキャラだから嫌味にならず楽しめたんですけどね。

もしかしたら毛深いのも嫌い?

投稿: 丹下段平 | 2007年7月24日 (火) 01時12分

>えめきん様

こんにいは!いつもお世話になっております!

そうなんですよねぇ。他サイト様も見て回ったんですが、ダメなのは私だけでした。こういうのって…(泣)

私も感涙したかったです。いい話なのに…↓↓
またお邪魔させていただきます。ぐすん。
(TB出来てなかったです?しかもこれ、私もコメいれてませんでしたっけ?^^;)

投稿: ももも | 2007年7月24日 (火) 09時09分

>丹下段平様

こんにちは!いつもお世話になっております!

いえいえ!私は無類の濃い顔好きですし、(彼もムーディー勝山似の濃い顔系ですし^^;)毛むくじゃらも平気というか、そういう偏見は無いのですけど。なんででしょう?(苦笑)

そうなんですよねぇ。やってることもキュートなのに…。あーショック。期待していたからそれを楽しめなかった事がとてもショックです。私も楽しみたかった↓↓

話は変わりますが、椿三十郎とても面白かったです♪
オススメしてくださり感謝しております☆

投稿: ももも | 2007年7月24日 (火) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/7244733

この記事へのトラックバック一覧です: デート・ウィズ・ドリュー:

» ▲ 『デート・ウィズ・ドリュー』 [映画の感想文日記]
2004年。LuckyCrowFilms/RustyBearEnt. MY DATE WITH DREW. ブライアン・ハーズリンガー、ジョン・ガン、ブレット・ウィン監督・製作・編集・出演。  映画業界での仕事を夢見ながら、失業中の青年ブライアン・ハーズリンガーが... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 21時00分

» [ デート・ウィズ・ドリュー ]憧れの女優とデートする [アロハ坊主の日がな一日]
[ デート・ウィズ・ドリュー ]を六本木で鑑賞。 女優ドリュー・バリモア。僕はそんなに好きではなかったが、この作品を観て好感を持ってしまった。 本作の主人公ブライアン・ハーズリンガー(27歳)は6歳のときから、彼女に夢中なのだ。恋人も、お金も、仕事もないブライアンは、あるクイズ番組で賞金$1100を獲得した。獲得した時の最後の答えが、それが「ドリュー・バリモア」。そのことに運命的なものを感じ、彼は一大決心をする。それは「ドリューに逢う」という無謀な計画。期限は30日。量販店で30日間返却... [続きを読む]

受信: 2007年7月24日 (火) 00時43分

» 「デート・ウィズ・ドリュー」 [古今東西座]
「30日間でドリュー・バリモアとデートを実現する」だけのために撮られた映画。普通ドキュメンタリーって「社会を告発する」とか「厳しい現実を見つめる」など、いわゆる問題作となるケースが多い。マイケル・ムーアの映画などはその典型。でもこの作品はそんな志の高さなんてかけらも無く、ただ自分の私利私欲のためだけに作られたゆる~いドキュメンタリー。 この映画の監督件主役のブライアン・ハースリンガーは6歳の時に『E.T. 』を観て以来、ドリュー・バリモアの大ファン。そんなブライアン君は現在失業中で生活は苦しいが、テ... [続きを読む]

受信: 2007年7月24日 (火) 01時06分

» Gガールとデート [Akira's VOICE]
「Gガール 破壊的な彼女」 「デート・ウィズ・ドリュー」 [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 12時42分

« ハリーポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »