« ※お休み※ | トップページ | サンキュー・スモーキング »

デス・プルーフinグラインドハウス

Photo 「デス・プルーフinグラインドハウス」です。

人気DJのジャングル・ジュリアは女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男、スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに、彼への警戒心を緩めていくが…。その14ヶ月後、テネシーのとある町。映画撮影に携わっているキム、ゾーイたちは撮影の合間をぬって車の試乗をすることに。しかしそんな彼女たちにマイクが目をつけ…。 (映画生活)

本作の課題映画であろう「バニシング・ポイント」は観ていないですが、同年代映画「デス・レース2000年」('76)は観ていたので、タランティーノがやりたいと考えている内容は大体理解できました。
しかーも!舞台はテキサス・オースティン!
オースティンには1ヶ月ほど滞在していたこともあって、とっても親近感が湧きました。あの街は丁度良い田舎具合でとても居心地が良い街なんです。若者のバカ加減もノリもいいですし、この映画にとてもマッチしている。好きな街の一つであります。

脱線しましたが、序盤の擦り切れたフィルム映像から私の中で「これは何かやってくれる」という期待がムクムク湧いたのは言うまでもなく、そのままラストまで笑いを堪えるのが必死な最低映画(最高級の誉め言葉)でございました☆
ギャルズの無駄な会話は本気でムダで(笑)、タランティーノは本当に女子のこういう会話が好きなんだなぁとつくづく感心しましたし、前半のデス・プルーフ仕様の車がギャルズ車に衝突した際のスローモーション(しかも一人ずつ順番に)も、彼女たちには申し訳ないほど笑ってしまいました。バタフライの顔が削がれるシーンでもつい…。(苦笑)

そして相反する後半のギャルズ猛攻撃とスタントマンマイク(カート・ラッセル)の情けない姿、いやはや最高です。最後まで道徳心の無い映画はイキすぎててむしろ潔くていいなー。
個人的にはバタフライのダンスシーンが途中でブッツリ切れちゃう演出と、ゾーイ・ベルの鉄パイプをもって反撃体勢に入る、車ハコノリシーンが最高に好きです。

「プラネット・テラー」も楽しみだ☆

|

« ※お休み※ | トップページ | サンキュー・スモーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/7997261

この記事へのトラックバック一覧です: デス・プルーフinグラインドハウス:

» 42『デス・プルーフ in グラインドハウス』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 42『デス・プルーフ in グラインドハウス』 評価:★★★☆☆ クエンティン・タランティーノ監督のB級映画。 そのつもりで観てみるから面白い。 カート・ラッセルが凶悪な殺人鬼として登場するのでファンの..... [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 21時27分

» 「デス・プルーフ in グラインドハウス」 [古今東西座]
いっや~ヒドイ映画だね! (←褒め言葉) この映画を楽しめるかどうか、は過去に観た映画の経験値がモノをいうかもしれない。60年代の終盤から70年代中頃までのアメリカン・ニューシネマと、そのブームに便乗して作られた低予算B級映画。そんな作品群を結構観ていれば懐かしく思え「あった、あった、こんなの」という気持ちにさせてくれる。この『デス・プルーフ』は2部構成で、前半があばずれ姉ちゃん危機一髪なB級サスペンス風、後半がカー・アクション満載のニュー・シネマ風なタッチになっている。まぁ、その二つの差なんてそん... [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 23時16分

» #122.グラインドハウス その2『デス・プルーフ』 [レザボアCATs]
『グラインドハウス その1『プラネット・テラー』』に引き続き、USAバージョンのレビューです。上の『プラネット・テラー』との合間に予告編を挟んで、いよいよ、タランティーノ監督の方が始まったのでした〜。... [続きを読む]

受信: 2007年9月20日 (木) 12時35分

» グラインドハウス [世界の映画を斬る!]
その猥雑さがこの映画の表現したいポイント★90点(100点満点) [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 20時28分

« ※お休み※ | トップページ | サンキュー・スモーキング »