« モーツァルトとクジラ | トップページ | プット・ザ・ニードル・オン・ザ・レコード »

ラブソングができるまで

Photo 「ラブソングができるまで」です。

80年代に爆発的な人気を博した5人組、“PoP”のメンバーアレックスは、今じゃあ過去のスター。ある日、若者に絶大な人気を誇るシンガー、曲の依頼が入る。またとない復活のチャンスだが、作詞が出来ない。そんな時、自宅の植木係りとして雇ったソフィーに作詞の才能があることに気が付き…。

ドリューの映画は好きでほとんど観ています。マシュー・マコノヒーも好きですが、本作ではやっぱりドリューの個性とマシューのクールな顔立ちが微妙に合ってなかったような気がしてしまい、のめり込み度はイマイチ、盛り上がりもイマイチ…な印象をうけてしまいました。

ドリューというと、ラブコメの印象が強いですが本作はあまり笑いを求めず、素直にラブロマンスが好きな人向けかなあと。
ラストのコンサート映像はなかなか盛り上がりますが、ヒトのコンサートでドリューへの感情を演奏してしまうベタオチは、ラブロマンス苦手なワタシにはどうしても受け入れがたい演出で、いても立ってもいられなくなりましたがロマンチックと言えばロマンチック…かな。

しかし「植木係」という仕事があるのには驚いた。いくらくれるのかな。

|

« モーツァルトとクジラ | トップページ | プット・ザ・ニードル・オン・ザ・レコード »

コメント

これ、80年代の洋楽をよく聴いていた人にはツボなんですけどね~。そうだったら笑わそうとしていないような場面でも笑えるんですよ。
もももさんは若すぎた?

投稿: 丹下段平 | 2007年9月28日 (金) 22時15分

>丹下段平様

こんにちは。いつもお世話になっております。
そう考えると80'sが好きな人(通ってきた人)のツボを私はスルーしまくっていたかもです。「POP!」も私にはMTVでたまにやってる80'S特集とかで観たような…というイメージしかなかったですから。

しかしそうなると本作のターゲット層は、私より上の世代ってコト!?

投稿: ももも | 2007年10月 1日 (月) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/8145581

この記事へのトラックバック一覧です: ラブソングができるまで:

» ★★ 『ラブソングができるまで』 [映画の感想文日記]
2007年。 WarnerBros. MUSIC AND LYRICS. マーク・ローレンス監督。... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 20時57分

» 「ラブソングができるまで」 [古今東西座]
ヤバイ。かなりヤバイほど、この映画は僕の ストライクゾーンど真ん中! もうこうなると作品の出来とか、そんなものは問題にならない。 「好き!!」 それだけ。 主人公のアレックス(ヒュー・グラント)は、80年代に一世を風靡したアイドルグループ『PoP!』のツインボーカルの片割れ。しかし解散後はかなり落ち目になっており、過去のヒット曲にすがってドサ回りなどして生計を立てている。そんな中、今を時めくエロカワ系人気歌手コーラから曲の依頼が舞い込んだ。しかし他にも依頼しているので、出来た中から一番気に入った曲の... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 22時12分

» 映画「ラブソングができるまで」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Music and Lyrics 元ポップスターに元ライター、二人の人生に埋れた曲と歌詞が出会う時、きらめきのファンタスティックワールドがやってくる・・ラブソングなラブストーリー・・・ アレックス・フレッチャー(ヒュー・グラント)は、かつての人気バンドPOP&qu... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 00時29分

» 「ラブソングができるまで」H.グラント、優男No.1!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア共演と聞いただけで、何となくストーリーが想像できてしまった「ラブソングができるまで」(ワーナー・ブラザース)。ええ、ホント~に想像したとおりの超ハッピーな映画でございました。  80年代に大人気だったバンド“PoP!”のボーカリストだったアレックス(ヒュー・グラント)は、今や時代に忘れ去られた元“大スター”。当時を懐かしむ同窓会のパーティーや、遊園地でのショーで、昔のヒット曲を歌って暮す日々を送っていた。そんな彼にマネージャー(ブラッド・ギャレ... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 02時13分

» 安泰ラブコメ「ラブソングができるまで」 [That's the Way Life Goes]
いまやラブコメの帝王として君臨しているヒュー・グラント。 新作は、80年代のアイドルスターでいまは落ちぶれて、おばさん相手に小さなイベントで歌う懐メロ歌手役。 「Wham!」さながらの、時代を感じさせるPVで、腰を振ってヘンな振り付けのダンスを踊っているのだが、そのグループの名前がベタなんですが「Pop!」。 しかし、なんか懐かしくて好き。 …いやあ、年がバレるわ。 そのアレックス、今をときめくカリスマ歌姫から曲の依頼を受けるのだが、歌詞作りが苦手。 作詞をひょんなことから手伝ってくれること... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 17時18分

« モーツァルトとクジラ | トップページ | プット・ザ・ニードル・オン・ザ・レコード »