« ホリデイ | トップページ | ※お休み※ »

バブルへGO!

Photo 「バブルへGO!~タイムマシンはドラム式~」です。

国の借金が800兆円に膨らみ破綻寸前の2007年、元カレの借金を背負わされ、母・真理子まで突然亡くして八方塞がりの真弓を、財務省官僚の下川路が訪ねる。実は真理子は死んでおらず、諸悪の根源であるバブル崩壊を阻止すべく1990年にタイムトリップ!(映画生活)

私にとって「バブル経済期」というのはまだ10歳くらいだったのでよくわかりません。映像を見て「ああ、こんなんだったなあ」という印象しかないです。

本作は、面白い要素が多い映画でした。私はそれでも充分楽しんでみることが出来ました。
特に良かったのは、広末涼子のセクシーダンスと阿部寛のチャラ男(バブル期)、そして要所要所に登場してくるバブル期の飯島愛、ラモス、飯島直子。(本人役)このあたりも面白いですし、とにかくみんな「眉毛太い」んだなあ。それだけで充分面白かったりするんですが。

設定もお話の流れもテンポが良くて面白い。いいじゃないですか!
ただ一つ、どーしても気にくわないのが撮影方法がなんとなく古いというか、TVドラマ並みというかぶっちゃけダサいというか。カメラマンのセンスが無い気がして、前半かなりのめり込むのに時間がかかりました。あと、同じく前半の街の様子(CG)もヒドい。そんなに技術が発達してないのかな。日本って。

|

« ホリデイ | トップページ | ※お休み※ »

コメント

バブルの頃、こんなだった人ばかりではありません。むしろごく一部でした。まぁ、ここまで極端ではありませんでしたが、浮かれていたことは事実。
あの頃を知らない人には新鮮だったかもしれませんね。

投稿: 丹下段平 | 2007年9月 8日 (土) 02時10分

こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

撮影技術は確かに酷かったですね。CGも安っぽかったですし。最近の映画よりも仮面ライダーの方がCGが綺麗というのが嘆かわしいですね。

投稿: えめきん | 2007年9月 9日 (日) 07時42分

>丹下段平様

こんにちは。いつもお世話になっております。

バブル期を面白おかしくしているコメディ映画だというのはわかるのですが、Wで飯島を使う理由があったのかよくわかりません。特に飯島直子、ムリがありすぎる~。だったらバブル青田も出すべきですよー。

投稿: ももも | 2007年9月19日 (水) 09時28分

>えめきん様

こんにちは☆いつもお世話になっております。

ほんと、仮面ライダーのCG技術って、意外と良かったんだなあと思ってしまうのも悲しい限りです。
特に私は邦画をあまりみないので、たまに観た邦画のCGがショボいとガックリきちゃうんですよね。
本作のCG技術は「はねトビ」級でした。↓↓

投稿: ももも | 2007年9月19日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/7842139

この記事へのトラックバック一覧です: バブルへGO!:

» パンチラ大全集『芸能人・女子アナ特集』 [パンチラ大全集]
探せば見つかるもんですね〜。 アイドルや女優、アーティスト、女子アナのパンチラショット! ご遠慮なく、興奮してください。 http://saosao0904.269g.net/ [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 00時16分

» 映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
誰もが思う過去の修復、なかなか面白いね、17年の時を遡った結果は、1本だったはずのレインボーブリッジがなんと3本に、それぐらい劇的に楽しい物語・・ 日立製作所家電研究所に勤める田中真理子(薬師丸ひろ子)の偽装葬式から物語は始まり、財務省大臣官房経済政策課... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 01時12分

» 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 [古今東西座]
ある意味、僕の中では注目作であった。 「あの時代」について描かれた最初の映画。尤も「あの時代」当時も映画は創られていたのだが、今振り返って創られるのとは意味合いが違ってくるはずである。「あの時代」について作り手がどんなスタンスでいるのか? 時代をどう評価するのか? ―は、それが過ぎ去った時にしか描けないはず。だから僕にとっては内容云々よりも作り手の時代感こそを観たかったし、それがこの映画に対する興味の殆どであった。 バブルの頃は、僕は社会人になって間もない頃で、世間の異常な好景気とは無縁の業種で、バ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 02時11分

» 『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』 [唐揚げ大好き!]
? 『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』 ? ―― あの頃は、夢のような時代が永遠に続くと信じてた ―― ? こういうワルノリ大好きです。 製作がホイチョイ・プロダクションズっていうのも興味深々であります。 タイムマシンあったらどこ行く? バブルに戻っ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 05時27分

» 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子、吹石一恵、伊藤裕子、劇団ひとり、小木茂光、森口博子、伊武雅刀、他 *監督:馬場康夫 *原作:ホイチョイ・プロダクションズ 感想・..... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 14時09分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [5125年映画の旅]
借金に悩む真弓の前に現れた財務省の官僚・下川路。彼は日本経済の危機的状況を打開する極秘プロジェクトに参加しており。自殺したと思われていた真弓の母・真理子もこの計画に参加していた。その計画とは、タイムマシンで17年前にタイムスリップし、バブル崩壊を止める...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 07時18分

» 【2007-22】バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
2007年 日本経済 崩壊の危機! ニッポンを救う!タイムスリップ・ラブコメディ!! [続きを読む]

受信: 2007年9月10日 (月) 00時40分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
17年前、日本が陽気で浮かれていたバブリーな時代を 体験した年齢層の方々にお勧めの映画となっております終始、笑いながら そして懐かしみながらご覧頂けるでせう。今回もコレ以下 かなり大きくネタバレしてます んで 要注意でござる偶然にして物凄い発明品を何個...... [続きを読む]

受信: 2007年9月13日 (木) 05時52分

» 【映画】バブルへGO!!タイムマシンはドラム式…現代のマユ毛が細すぎなんだよ [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
今日{/kaeru_rain/}は特に前置きはないです。 朝、病院に行って、 その後、割と仕事を頑張った一日だったくらいかな。 で、映画レビューです。 「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」 (監督:馬場康夫、出演:阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子、2006年邦画) TSUTAYAさんで「バベル」、「ブラッド・ダイヤモンド」と一緒にレンタル。 2007年12月3日(月曜日)鑑賞しました。 ストーリー 2007年破綻の危機に瀕した日本。財務省大臣官房経済政策課の下川路(阿部寛)は、... [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 (木) 18時56分

« ホリデイ | トップページ | ※お休み※ »