« 迷い婚 | トップページ | 幸せになる彼氏の選び方 »

愛についてのキンゼイリポート

Photo唇ヘルペスになっちゃいました。かゆーい。(泣)
「愛についてのキンゼイリポート」です。

アメリカ、インディアナ大学の助教授キンゼイ(リーアム・ニーソン)は助手たちに、アメリカ各地を一緒に旅しながら個別面接で、人々の「性」の実態のデータを収集するよう命じる。キンゼイは助手たちと面接の方法について試行錯誤するが…。(映画生活)

リーアム兄さんがキンゼイ役をやってるとは知らずちょっと驚いたもももです。
本作、SEXについて真面目~に研究した学者の物語です。こういう学者モノの映画だと、たいていその学者は偏屈だったり、変わり者だったりすることが多いのですが、今回のキンゼイ教授はどこまでもノーマルというか冷静な普通のオジサン。たまに凄い言葉を発したりしますが、本人にとってみればそれはワイセツでもエロい言葉でも何でもなくて、単なる「研究材料」以外の何者でも無かったり、教授が男性と寝たり、「妻が助手と寝たい」と公言しちゃうあたりは、何ともついていけませんでしたが、宗教vs教授のバトルはなかなか面白かったです。

とにもかくにも、老夫婦となったキンゼイ達の愛の賛美ともとれるラストの森のシーンはなんともうっとりしてしまいました。素敵❤

|

« 迷い婚 | トップページ | 幸せになる彼氏の選び方 »

コメント

こんばんは~♪
ぶっちゃけ、もっと面白可笑しく描いてるのかと思ってました(^^ゞ
が、残念ながら極めて普通の伝記モノとして描いてて・・・
あまりにも同じ事の繰り返しなので途中で飽きてしまいました(^^ゞ
この題材でコメディだったらかなり面白くなったと思うんですけどね~^^

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

投稿: Aki. | 2007年10月20日 (土) 02時57分

>Aki.様

こんにちは!毎度お世話になっております。

そうですよね~。私ももっとコメディ色強いのかと思ってました。それかセックスネタを大真面目に描いてそのギャップを楽しむモノかと…。したらやたらと普通に真面目(どんなん?)で拍子抜けでしたね。

またお邪魔させて頂きます★

投稿: ももも | 2007年10月22日 (月) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117756/8498918

この記事へのトラックバック一覧です: 愛についてのキンゼイリポート:

» 映画『愛についてのキンゼイ・レポート』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Kinsey 男性の全裸はヘア付きで登場するけど、女性のオールヌードはない、モーホーのほうとイージーの話が中心だけど、これなら家族もママもOKさ・・ 50年も前の時代、生物学教授アルフレッド・キンゼイ(リーアム・ニーソン)、通称プロックはタマバチ... [続きを読む]

受信: 2007年10月19日 (金) 12時19分

» 「愛についてのキンゼイ・レポート」 [或る日の出来事]
キンゼイといえば、「キンゼイ・レポート」。 人間の性に関する報告書として、その名前はよく聞く。 でも、その中身やキンゼイ博士自身についてのことは、まるで知らなかった。 その一端を知ることができただけでも... [続きを読む]

受信: 2007年10月19日 (金) 23時27分

» 愛についてのキンゼイ・レポート [ぶっちゃけ…独り言?]
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 今どきの中学生でもしないくらいに幼稚な発想で全米を巻き込んで「性」に ついて調査しまくったキンゼイ博士の半生を描いた伝記映画です。 内容が内容だけに映画としてどー持って来るかなぁ〜と思っていたのですが・・・ 思っていた以上に真面目に作ったんですね。 てっきり、「こんなお馬鹿な事を本気でやった博士が居たんですよ〜。」 ってな感じでコメディ・タッチに仕上げて来るかと思ってましたよ。 ま、時代背景の違いとかキンゼイ博士が”やった事”自体... [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 02時52分

» 「愛についてのキンゼイ・レポート」 [the borderland ]
1万8,000人に「性」について個々にインタビューを行ない、1948年に学術書としては異例の20万部のベストセラーになった「キンゼイ・レポート」 その著者であるキンゼイ博士(リーアム・ニーソン)の生涯を追った作品。男女のことに関してシャイで情報がなかった時代のお話なので、今では当たり前のことでも、当時は深刻に受け止められたりしていて、そのギャップが楽しかったです。 男女の局部が丸見え!と一部で話題騒然?でしたが、極めて違和感なく映ってました。本当にあっけないくらい(^^; 決してキワモノ的な作... [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 11時19分

« 迷い婚 | トップページ | 幸せになる彼氏の選び方 »