パンズラビリンス

Photo 「パンズラビリンス」です。

1944年スペイン内乱の最中、現実の世界に嫌気を差した少女オフェリアが幻想の世界へ旅立つには3つの試練を乗り越えなければならず…。

本作、最高に良かったです。
同監督の前作でもある「ヘルボーイ」も個人的にととても好きな映画でしたので、そこそこ期待して見に行きましたが、それでも納得の行く良作となっていました。しかも私にしては珍しくラストで泣いてしまい、ダンナさんにも驚かれたほどで。

本作で良かった部分は多いのですが、そのなかでも一番心にグッときた部分は現実と幻想の世界の違いについてでしょうか。現実世界と幻想世界が、どこまでも平行線で全く違う未来が描かれている事です。この筋立てが素晴らしく骨太で、観ていてどんどんデル・トロの世界にハマッていくことを実感せざる得ない。そこに描かれていたのはまさに「リアリズムとファンタジーの競合」といった展開で、今までのダークファンタジーとは明らかに一線を画している、シビアな大人な世界を見いだすことが出来ました。

個人的にも素晴らしかったのはやはり怪物達の「濃さ」ですね。前作「ヘルボーイ」でもデル・トロのモンスターに対する飽くなき追求心を思う存分みさせられていたので、本作でもそれを拝めることが出来、一人歓喜してしまいました。特にオフェリアの「2番目の試練(ポスター掲載)」ででてきた子供を喰らう怪物の造形は素晴らしい!あの動き!あのしぐさ!う~ん最高です!!

最後に、本作、ファンタジーには珍しく、バイオレンスな描写が多いため「単なるファンタジー」だと思って見に行かないようご注意ください。

| | コメント (6) | トラックバック (11)

ヤン・シュヴァンクマイエル ルナシー

Photo 「ヤン・シュヴァンクマイエルのルナシー」です。

チェコの実写アニメーション作家シュヴァンクマイエルのホラー長編作品。

牛や豚の内臓や骨を使い、グロテスクな表現方法である方面では人気(^^;)のシュヴァンクマイエル最新作です。
本作の冒頭で彼本人が「これはホラーです。芸術性は考えないで下さい」と言っています。しかし本作を映画として観るとちょっとイマイチな脚本かな~と思いました。80~90年代のホラー映画によくあるような内容だったからです。だから本作もやっぱり「芸術」として彼のグロテスクな表現を思う存分楽しむことにしました。

本作では豚や牛の内臓や舌などの部位がコロコロ転がったり水の中に落ちたりくるくる廻ったり、悪魔崇拝の精神病患者が出てきたりと、相変わらずキモチワルイ内容になっています。そんな中(どんな中?)一人の女性を好きになる主人公の若者ですが、全く報われる感じもしないままアレヨアレヨという間にバッドな展開へもつれ込みます。
この人の作品は毎回めちゃくちゃですが、絵の持つパワーは凄まじいものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コベナント

Photo_2 「コベナント 幻魔降臨」です。

名門私立高校に通うキャレブと3人の仲間たちは共に魔女の「沈黙の誓約」を守り続けた一族の末裔。やがて、特殊な能力を持つ彼ら4人の周囲で不穏な出来事が起こり始め、ついには数百年に渡って一族を守ってきた沈黙の誓約に危機が迫る。(映画生活)

設定は面白そうだったんですが、どうもイケメンに焦点を当てすぎたのがまずかった。
能力を使いすぎると老けるという設定も、転校生との恋も、「なんでこの子にそこまで固執するの?!そうか物語と関係あるのね!」と思いきやたいした事無く…(泣)
全てにワケわからん状態でドドドーッとラストにもつれ込みドッカーン…終了……。

え?

という作品でした。もうなんの映画を観ているのかよくわからなくなります。
ホラーでイケメン?を使う時はもっとコキ使ってください!その方が絶対面白いんだから!
転校生のサラ役には、個人的に好きな「ヴェノム 毒蛇男の恐怖」のローラ・マウジーが出てます。あっちのほうがキミ、頑張ってたね。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

リーピング

Photo 劇場で見逃してから約4ヶ月…。やっと解禁です。
「リーピング」です。

“奇跡”の真相を暴く第一人者である大学教授のキャサリン。彼女は「川の水が血に変わった」という現象を調査するため、相棒のベンとともに小さな街・ヘイブンへとやってきた。(映画生活)

本作、「10の災い」を元にしたゴシック系ホラーなんですが、それを調査しにやってきたキャサリン(ヒラリー・スワンク)と謎の少女ローレン(「チャーリーとチョコレート工場」のチューイングガムを噛んでた子!アナソフィア・ロブ)の対峙がなかなか面白いです。
こういったゴシックホラーの映画って、結構内容がチープだったりCGがショボかったりと、いまいち力不足な作品が横行している中、本作はかなり頑張った方だと思います。オチもこういったホラーにしては凄く良いし。

しかし中盤のダレ具合は否めないですね。なんとなく緊張感が足りないのかな。もうすこし脇役で緊張感を出して欲しかったかなぁという印象があります。ちょっと主役達に頼りすぎてるかなと。なんとなく伏線もわかりにくいし。

しかし映像、そしてアナソフィア・ロブの魅力的な大きな瞳とイナゴの大群。なかなか見どころ満載な作品ではありました。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

フライトナイト

Photo ダリオ・アルジェント賞受賞作「フライトナイト」(1985)です。

隣に越して来た男が吸血鬼だと知った少年は、バンパイア・ハンターの当り役をもつ恐怖番組のホストに退治を依頼するが……。(allcinema)

最近ホラーがとんとご無沙汰なもももです。お陰で夢でゾンビに追いかけられました。
ってことで、古いですが本作を鑑賞。
テイストは古いですが、色っぽいヴァンパイアや恐怖番組を干されたヴァンパイア・ハンターのR・マクドウォールが吸血鬼退治に加わる点、母親想いの息子などなど、「これぞオリジナル!」的王道が観れてなかなかおもしろかったです。

しかしこの脚本、どっかで観たなあと思うんだけど…なんだっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プラネット・テラーinグラインドハウス

Photo 「プラネット・テラーinグラインドハウス」です。

テキサスの田舎町。米軍部隊長のマルドゥーンと科学者のアビーは生物化学兵器の取引をしていた。しかし、予備の試薬を隠していることをマルドゥーンに知られたアビーは、実験装置を破壊。噴出したガスにより人々はゾンビ状態のシッコ(感染者)になっていった。ゴーゴーダンサーのチェリーは別れた恋人のレイとドライブ中に、シッコに片足を食いちぎられてしまい…。 (映画生活)

「グラインドハウス」と銘打っていなければこれは観なかったかも…というくらい微妙な内容でした。つまらなかったという訳では無いんですが、ゾンビしかりアクションしかり笑いしかりと、全てにおいてわかりやすく、「ホラ、ここは笑うところ」とあるがままを提示させられてるみたいな、「デス・プルーフ」の時のようなつい吹き出してしまう笑いやハラハラ感というのが感じられない、よく言えば「安心して観れるホラーアクション」といった映画でした。

全体的にこれといった新鮮さが無いので普通に観れるアクションホラー映画で、グロさもほとんど感じないし(私からすれば^^;)今回も長くなりそうなエロい場面も「焼けて紛失してしまう」というフィルムの設定に思わず失笑させられるという(このオチもなんだかベタというか…)展開にまあソツがないというかなんというか…しかし画面の荒さやノイズの入れ方は「デス・プルーフ」より上だった気がします。単に集中力が欠けてノイズばかり観ていただけなのかもしれませんが…。

最後にエル・レイ役の「フレディ・ロドリゲス」。どっかで観たナーと思ったら「ボビー」のホセ役だったんですね!やっぱり好みだわぁ(#^o^#)

| | コメント (4) | トラックバック (11)

遺体安置室 死霊のめざめ

Photo 「遺体安置室 死霊のめざめ」です。トビー・フーパー監督作。

戦慄のゾンビホラー。カリフォルニア田舎町の屋敷に引っ越してきたドイル一家はそこで葬儀屋を開業。そしてある晩、肝試しにやって来た不良たちが何者かに襲われたのをきっかけに遺体が次々と蘇り、一家に襲い掛かる。(ぽすれん)
トビー作でリビングデッド物は、私初めてかもしれません。まぁ、今までの登場人物もある意味社会的にゾンビではあったけども…^^;
本作は「ツール・ボックス・マーダー」のような殺戮じょっきんじょっきんシーンや「悪魔のいけにえ」のようなダークなコメディ色などは無く、細菌に冒された死体が生き返り(この辺は「バタリアン」ぽい)主人公の母親までもがゾンビ化→襲う(「ブレインデッド」ぽい。保安官の言動、若者のゾンビ化含め家族のように振る舞うなど)、そしてその中心にいる見た目からしてヤバそうだけど中身は少年のようなあどけなさを持つ男(「悪魔のいけにえ」に似てる)などなど。今までの有名ホラー映画の個性を汲み取ったB級ホラー映画となってた気がします。
他のホラー作になぞって映画を作るのはいいですが(むしろ好き)、本作はちょっとウダウダしすぎてるかなあという印象も。まー「トビー・フーパー」だと思わなければ結構観れた作品であったのは間違いないかも知れません。私が期待しすぎただけ、という事もあるかも。とにかく私的にはまーまーな作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サイコシスター 呪われた修道女

Photo 「サイコシスター 呪われた修道女」です。

『ダークネス』のジャウマ・バラゲロ監督が原作を手掛けた驚愕のスリラー。謎の死を遂げた母の死因を探るエヴァは、母が幼少期に通った修道院を訪れる。そこで起こった陰惨な殺人事件について知った途端、彼女の周囲の人間が次々に殺されてしまう。(ぽすれん)
ホラーテイストですが、サスペンスの要素が多い気がしました。
霊体となったシスターが序盤から登場しますが、ゴーストシスター中心のホラー映画かと思いきや、母を殺された娘の必死の捜索活動やら、その後待ち受ける意外なラストに置いてもいろんな要素を含んだ映画になってしまって…ぶっちゃけどれもウダウダ…^^;
全体的に地味な脚本に、「ダークネス」と通じる部分を見いだすものの、「ダークネス」ほどのバッドエンドは迎えられず、この終わり方には少々不満が残りました。

ホラーというと大体が夜のイメージなんですが、ヨーロッパ(特にスペイン)のホラーは大体が昼間とか明るい時間帯にいろいろ起こったりするのが多いかも。だから逆に新鮮に感じる事も多いですが、やっぱり昼のホラーはおどろおどろしくない分、デメリットも多い訳で、もう少し技量が無いと出来ないのではと思った今日このごろであります。(なんのこっちゃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コワイ女

Photo 「コワイ女」です。

雨宮慶太、鈴木卓爾、豊島圭介、3人の監督が鬼才の限りを尽くした新感覚ジャパニーズホラーがついに降臨!1話「カタカタ」 2話「鋼」 3話「うけつぐもの」。

オムニバスというのも知らないで見た訳ですが、2話目の「鋼」がなかなか面白かったです。内容はちょっとB級映画によくある感じというか山下敦弘映画が好きなら、結構気に入るんじゃないかなといった感じのストーリーです。エログロい。そしてしっかりコワイ(ある意味)ので充分楽しめました。

ほか2作は、取り立てて面白いとは思いませんでした。他のJホラーほど単調な仕上がりでは無いのでそう言った面では面白いかも知れませんが、終わってみると「鋼」以外はたいしたこと無かったなぁという印象も。

鈴木卓爾、いい監督ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エクステ

Photo 「エクステ」です。園子温監督作品。

横浜港の巨大コンテナから、膨大な量の髪の毛と少女の遺体が発見される。死後も美しい髪が生え続けるその死体に、死体安置所の管理人・山崎は惚れ込み、自宅へ運び込む。山崎は究極の髪フェチだったのだ。(映画生活)

鬱蒼としたイヤ~な空気感は相変わらず上手いなあといったかんじですが、こと「ホラー」として考えると、ちょっと全体的なまとまりが乏しいかなという印象が残りました。

山崎の異常な行動にしても、怖いというよりユーモラスな印象が強く、その面白さをバネにより恐怖へ誘おうとしている園子温監督の意図は見えますが、ちょっと面白いだけで終わってる感は否めないかなと。ええ、私、Jホラーには手厳しいんです。(苦笑)

オチも含めなんとなく薄っぺらいホラー映画になっちゃってる感じがします。髪が伸びる死体の女の子についても、背景が薄いというか、ありきたりというか、意外性より事件性が強いだけというか、これならサスペンス映画止まりでいいだろうという気にさえなってしまいます。山崎も出さなくていいよ、と。

とにかく、なんかイマイチなんですよねぇ。(最近こればっか^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧